空高くのびる「光の柱」を捉えた写真(カナダ・オンタリオ州)

1月6日午前1時半。Timmy Joe Elzingaさんは、2歳の息子さんを寝かしつけてバスルームへ入ったとき、窓からこの様子を目撃してたいへん驚いたそうです。縦に伸びる光の柱。オーロラとも違う、不思議な現象が起きていました。

謎の光の正体は?

ちゃんと窓を開けて外を見ても、たしかに輝く光の柱。彼は、すぐに調査に乗り出しました。はじめはオーロラかと思っていましたが、すぐにもっと“近い存在”であることに気づきました。地面から空に向けて、光が放たれているような状態が見えました。とても寒い夜だったと言います。

街の明かりだった!

じつはこれ、専門家の解説によれば、寒さで空気中にも結晶が舞っているような状態だったため、そこに街の照明が反射して、写真のような現象が起きていたとのこと。

これについて、Elzingaさんは、「『スター・トレック』みたいにビームで誰かを転送しようとしているのかと思ったのだけどね」と冗談交じりにコメント。過去に見たことがあるという人からもメッセージが寄せられたそうです。とはいえ、今回の写真のほうがとてもカラフルに写っています。ちなみに、撮影はSamsungの「Galaxy S6 edge」で行いました。

奇跡の瞬間というほど珍しいものではないかもしれませんが、一度は見てみたい景色。寒冷地を観光する際には、縦に伸びる光がないかどうか、夜空を見上げて探してみてはいかがでしょうか。

Licensed material used with permission by Timmy Joe Elzinga, (Channel)
ここで紹介するのは、54億円が当たった瞬間をおさめた貴重な動画。わずか26秒ですが、人が歓喜する様子を鮮明に捉えています。「ギャー」「オーマイガー」宝くじ...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
この写真の中には、ある動物が隠れています。よ〜く目を凝らして見てください。あなたには、ソレがなんだか分かりますか?写真に隠れた“あの動物“わかる?カナダ中...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...
6月30日にカナダのBC州政府が、世界で初めて「性別不明(U)」の保険証を発行した。これは世界で初めてのこと。Kori Dotyさんは自身がトランスジェン...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
英・王立気象学会と王立写真協会によって開催された「Weather Photographer of the Year」で、2016年の受賞者が発表された。人...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
ここは、カナダ北西部にあるパングナータングという場所。いわゆる北極圏ギリギリのところで撮影された1枚。どうやって撮ったのか?カナダのフォトグラファー、マイ...
「……まったく、ホント勘弁してほしいよ。撮影だっていうから行ってみたら、いきなり扇風機の風を直撃だもんね。そりゃ、なびくに決まってるでしょ(笑)、こんなに...