「LGBTQ2の旗」を掲げるのが義務――カナダの小学校

LGBTQのシンボルマークとして、世界中のいたるところで掲げられているレインボーフラッグ。

カナダでは、先住民族の「男性と女性の魂を両方持つ人(two-spirit)」という生き方も反映された言葉、“LGBTQ2”が使われています。今年の6月、誰に対しても平等な社会を創りあげようとする同国らしい条例が施行されます。

首都オタワや経済都市トロントなどを抱えるオンタリオ州が、平等を象徴するレインボーフラッグを掲げることを義務づけました。同州の小学校が対象です。

プライド月間である6月に、最低でも1週間はLGBTQ2の旗を掲げなければいけないというのが詳しい内容。国旗や校旗に並べることで、彼らへのサポートを表明するのです。

カナダの小学校が示すように、それぞれが多様な性のアイデンティティを持っていることは当たり前。そんな道徳的情操教育の一環でもあるのでしょうね。

Top image: © iStock.com/nktwentythree
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
学園物の映画やドラマのシーンで必ず出てくるで学校のカフェテリア。食堂じゃなくて、カフェテリアって響きがいいんですよね〜。
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...