世界で最も住みやすい国は、オーストラリア?それともカナダ?

エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めていることを知っていますか?

天候が穏やかで医療福祉が充実
「オーストラリア」

7b0f85b11efa9f7bc9f7eb5d8df946b0114ee4a6

オーストラリアからは、1位メルボルン、5位アデレード、6位パースがランクイン。メルボルンは、なんと6年間も1位をキープしている不動の王者です。

政治的にも文化的にも安定していて、テロや凶悪犯罪などが少ないことでも知られています。また政府と民間の保険会社の組み合わせによる手厚い福祉もポイント。とくにメルボルンは海沿いで天候も穏やかなので、過ごしやすいのも決め手。

国際的にも安定したポジション
「カナダ」

1eed093859b9f5556487ba6b631147eed6a50baf

カナダからランクインしたのは、3位バンクーバー、4位トロント、5位カルガリー(アデレードと同率)。

カナダもオーストラリアと同じように、手厚い健康保険や教育の無料化が進んでいます。そのため、低所得の住民でも比較的暮らしやすくなっているのです。

また、カナダはアメリカと国境を接している以外は他の国と繋がっていません。そのアメリカからはNATOの中心国のひとつとして強力な安全保障を受けていて、紛争などにも巻き込まれにくいことも影響しているかもしれません。

2位はヨーロッパを代表する
古都「ウィーン」

E4b9b13c5130ea7dbc16d7f18751608a494790e6

ちなみに2位に選ばれたのは、オーストリアのウィーン。紀元前に近い古代から都市があったと言われ、その後も常に激動だったヨーロッパの中心にあり続けてきた、歴史の重みある都市です。

他の調査では、ウィーンを1位に推しているものもあるほど。オーストリアの首都として、経済・政治・文化の中心になっており、音楽・建築などの本場としても知られています。

大都市は意外と住みにくい?

32fa945855eca02341a55e136a328fe95a94d8f3

1位のメルボルンは人口約400万人、2位のウィーンは約170万人、3位のバンクーバーは約600万人と、世界的には大都市と言える大きさではありますが、人口ではランク外の都市ばかり。

トップ10には、ニューヨークやロンドンのような、人口800万人を超える大都市はランクインしていません。大都市はその規模が大きいゆえに、犯罪率、高い人口密度によるインフラの不足、物価の高騰などもあり、かえって住みにくくなる傾向があるのだとか。

ちなみに最下位は、シリアのダマスクス。内戦の続く地域なので、そもそも生命さえ危険だということを考えれば、仕方がないことでしょう。

メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...
「パイロットにしか見られない景色がある」とはよく聞く話ですが、この雲もその最たる例。オーストラリアのパースからアデレードに向かう途中で上空から撮影されたこ...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
独断と偏見でピックアップしました。
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...