大人の秘密基地?いいえ、モダンでミニマルなリゾートでございます!

大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。

僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時は驚いた。また、森の中へキャンプに連れていかれ、野生の熊対策のために食料は木に吊り下げなければならないと教えてもらって、さらに驚いた。カナディアンたちは、自然と暮らす天才だと思う。彼らは、まさに自然と共存したライフスタイルを持っている。

そのバンクーバー島の森の中に、球の形をしたツリーハウス「Free Spirit Spherical」がある。ここは、宿泊もできるホテルだという。その姿は、空中に浮かんでいるようにも見える。こんなツリーハウスなら、いつもとは違う視点から世界が見えるかもしれない。

モダンでミニマルな空間

Photo by Tom Chudleigh

ユニークなツリーハウス「Free Spirit Spherical」をこさえたのは、Tom Chudleighさん。この道24年となるベテランのツリーハウスビルダーだ。

Tomさんは、これまでに3つの球型ツリーハウスを完成させた。どれもがモダンでミニマルな空間に仕上げられている。「EVE」「EYRN」「MELODY」と名づけられた3部屋は、外観や内装がすべて異なっている。

例えば、最新作「MELODY」の外観は、ファイバーグラスに覆われていたり、室内には収納ベッドが隠されていたりと、工夫や遊び心が随所に見られるのだ。

ちなみに現在、2つの球型ツリーハウスの制作を進めているらしい。

Photo by Tom Chudleigh

Photo by Adam Clarke

Photo by Adam Clarke

一泊175カナダドルから

ツリーハウスには、何度か泊まったことがある。

木の上からの眺めは想像以上に素晴らしく、冒険気分も盛り上がる。何よりも、木と一体になれる感覚は忘れられない。非日常的な体験が味わえるのは、何といってもツリーハウスの醍醐味だろう。

しかし、Free Spirit Sphericalは、それだけに終わらない。直径3mほどの室内には、ベッドをはじめとして、椅子・テーブル・電気ヒーター・ビルドインタイプのスピーカーまで揃っているのだ。ツリーハウスの近くには、トイレやシャワー設備も完備されているので快適な滞在を約束してくれるに違いない。

気になる滞在費用は、一泊175カナダドル(約15,000円)〜。ネットで予約もできるが、3部屋共に、3ヶ月先までの週末は満室となっている。 都会の喧騒から距離を置いて、大自然に囲まれた中、森の住人になる。多くの人がそんな癒やしを求めているのかもしれない。

Licensed material used with permission by Free Spirit Spheres
「ツリーハウス」と言われたら、なんだか子どもの秘密基地みたいな、無邪気で牧歌的なものを思い浮かべますよね。ところが、スウェーデンにあるこのツリーハウスは、...
森の呼吸と静かに同調する、そんなひとときが待ってそう。
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...