レコードの上に載せると音が出る!?最新ターンテーブル「LOVE」

レコードプレーヤーに革命が起きた。

これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レコードの上に置くターンテーブルなのだ。

しかも、BluetoothやWi-Fiに繋いだり、スマホで操作も簡単にできるとのこと。アナログなレコードをデジタル・デバイスで楽しむ。僕たちは、全く新しい音楽体験を手に入れることになるだろう。

ユーザーのことを
第1に考えた機能面

E3996587174177b50344a6e4e1f7c67fee64d0a7

スマートレコードプレーヤー「LOVE」を制作したのは、斬新な作風で知られる世界的プロダクトデザイナーのイヴ・ベアール。

反時計回りをする動きは、ユニークでありながらエレガントさも感じさせてくれる。機能面では、ボタン1つで曲のスキップが可能だったり、再生中の曲のタイトルを表示して教えてくれたり…従来のターンテーブルではあり得なかった体験ができちゃう。

また、本体の重さはわずか450gなので、持ち運びも楽々。しかも、平らなところであれば、どこでも音楽再生できるのは嬉しい限り。台所・リビング・寝室など…場所を選ばずに音楽を楽しめちゃうというワケなのだ。

ちなみに「LOVE」は「Indiegogo」で、$329(約36,000円)から購入することができる。ミニマルでモダンなデザインは、インテリアとしてもオススメ。音もデザインも堪能したいという欲張りな人には、もってこいの一品といえるだろう。

Licensed material used with permission by LOVE Turntable
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
アナログレコードを聴くことに対して、敷居の高さを感じていた私。だけど、CROSLEYが販売する「MESSENGER TURNTABLE」には親しみやすさを...
「Spinbox」は、DIYターンテーブルKITだ。このパッケージの中には、ターンテーブルをはじめ電子回路、スピーカー、ケーブル、音量つまみなどレコードプ...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
オランダのロッテルダムに世界初の水上牧場Floating Farm Rotterdamが登場予定。まだ建設中ですが、これ、完成したら凄いことになりそう……!
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
だれかのリビングテーブルの上の景色って気になる。kimi_and_12のイラストレーションを通してすこし覗き見してみましょう。
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
まるで鉄道模型みたいに、盤上をクルクル走る小さなボックス。これでレコードを再生できるのだ!「RokBlok」を走らせれば、ブロックそれ自体から音が出る。B...
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。前々回、前回に続いて、the band apartのドラマー・木暮栄...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...