世界初。レコードが宙に浮いて回るフローティングターンテーブル

近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。

レトロなイメージのあるアナログレコードですが、流行の最先端でもあるからには、最新の機器で聞きたいもの。そこでいうと、この度開発されたレコードプレイヤー「MAG-LEV Audio」は未来感たっぷり。

だって、ターンテーブルが宙に浮いているんですから!

最新テクノロジーで
空中スピン

完全に宙に浮いたターンテーブルが、LEDの光の上で回転する様は、まるでSF映画のよう。この未来な外見を作り出すために、非常に高度な技術が投入されているんです。

レコードは、表面の微妙な凹凸を針で読み取る仕組み。そのため浮いているターンテーブルがほんの少しでも上下に揺れたり回転軸がブレたりしたら、音楽が再生されないどころか、大切なレコードを傷つけて再起不能にしてしまいます。

そのため磁力で浮かせるだけでなく、センサーで状態の変化を読み取ることで、安定した回転を実現しているそうです。

いざというときも
落ちません

「ひょっとして、突然停電したらガシャーン!とターンテーブルが落下してしまうのでは?」そう思った人もいるかもしれません。

しかしこの「MAG-LEV Audio」は、そんな事態も想定済み。突然電源が失われた場合でも、通常の電源オフと同じように、レコードを傷つけずターンテーブルを着地できるように予備電源を内蔵しているんです。

レコードはもう手に入らないレアなものがほとんど。大事なコレクションのこともちゃんと考えてくれています。

ミニマルな美しいデザイン

デザインもなかなかクール。レトロなレコードプレイヤーの良さを引き出しながら、ミニマルでフューチャリスティックにまとめられています。

カラーはストイックな「ブラック」、ヴィンテージっぽい「ウッド」、SF感あふれる「ホワイト」の3色から選べます。デザインがシンプルなだけに、カラーリングで大きく印象が違うので、好みやインテリアに合わせて選べるのは大きなポイントです。

大きなジャケットから慎重に取り出して、ターンテーブルの上に置く。針を落とした瞬間に流れる、独特のノイズの中から立ち現れる音楽…。そんなアナログレコードならではのリッチな体験を、何倍にもしてくれます。

値段は、780ドル(約8万円)から。順調にいけば、2017年の8月には出荷されるそう。KICKSTARTERでまだまだ支援を募集中なので、レコードファンは要チェック。

Licensed material used with permission by MAG-LEV Audio Team
アナログレコードを聴くことに対して、敷居の高さを感じていた私。だけど、CROSLEYが販売する「MESSENGER TURNTABLE」には親しみやすさを...
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
「Spinbox」は、DIYターンテーブルKITだ。このパッケージの中には、ターンテーブルをはじめ電子回路、スピーカー、ケーブル、音量つまみなどレコードプ...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
もっと愛犬や愛猫との旅がしやすくなるように。そんな想いから、デルタ航空がアメリカ国内線にて、ペット専用のケージ「CarePod」を提供し始めている。
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
アメリカで話題をさらい、発売から2週間で完売した「オレオ ミュージックボックス」が日本上陸!
現在、音楽市場で最大のシェアを誇るストリーミングサービス。10年前にはCDなどの物理媒体が全体の半分を占め、デジタルダウンロードが38%、それに次いだ7%...
「ローランド」が開発した「TAIKO-1」は、叩く強さや位置で音色を変化させ、さらには異なる種類の太鼓や拍子木、ほかの楽器の音まで奏でる電子和太鼓。
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
「東京メトロ」と「富士ゼロックス」が共同開発した個室型のワークスペース「CocoDesk(ココデスク)」が、2月20日より、明治神宮駅、溜池山王駅、池袋駅...
NPO法人「True Animal Protein Price(TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
28回目を迎える「テーブルウェア・フェスティバル 2020」。東京ドームで開催決定(2/2〜9)。
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...