世界初。レコードが宙に浮いて回るフローティングターンテーブル

近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。

レトロなイメージのあるアナログレコードですが、流行の最先端でもあるからには、最新の機器で聞きたいもの。そこでいうと、この度開発されたレコードプレイヤー「MAG-LEV Audio」は未来感たっぷり。

だって、ターンテーブルが宙に浮いているんですから!

最新テクノロジーで
空中スピン

完全に宙に浮いたターンテーブルが、LEDの光の上で回転する様は、まるでSF映画のよう。この未来な外見を作り出すために、非常に高度な技術が投入されているんです。

レコードは、表面の微妙な凹凸を針で読み取る仕組み。そのため浮いているターンテーブルがほんの少しでも上下に揺れたり回転軸がブレたりしたら、音楽が再生されないどころか、大切なレコードを傷つけて再起不能にしてしまいます。

そのため磁力で浮かせるだけでなく、センサーで状態の変化を読み取ることで、安定した回転を実現しているそうです。

いざというときも
落ちません

「ひょっとして、突然停電したらガシャーン!とターンテーブルが落下してしまうのでは?」そう思った人もいるかもしれません。

しかしこの「MAG-LEV Audio」は、そんな事態も想定済み。突然電源が失われた場合でも、通常の電源オフと同じように、レコードを傷つけずターンテーブルを着地できるように予備電源を内蔵しているんです。

レコードはもう手に入らないレアなものがほとんど。大事なコレクションのこともちゃんと考えてくれています。

ミニマルな美しいデザイン

デザインもなかなかクール。レトロなレコードプレイヤーの良さを引き出しながら、ミニマルでフューチャリスティックにまとめられています。

カラーはストイックな「ブラック」、ヴィンテージっぽい「ウッド」、SF感あふれる「ホワイト」の3色から選べます。デザインがシンプルなだけに、カラーリングで大きく印象が違うので、好みやインテリアに合わせて選べるのは大きなポイントです。

大きなジャケットから慎重に取り出して、ターンテーブルの上に置く。針を落とした瞬間に流れる、独特のノイズの中から立ち現れる音楽…。そんなアナログレコードならではのリッチな体験を、何倍にもしてくれます。

値段は、780ドル(約8万円)から。順調にいけば、2017年の8月には出荷されるそう。KICKSTARTERでまだまだ支援を募集中なので、レコードファンは要チェック。

Licensed material used with permission by MAG-LEV Audio Team
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
アナログレコードを聴くことに対して、敷居の高さを感じていた私。だけど、CROSLEYが販売する「MESSENGER TURNTABLE」には親しみやすさを...
「Spinbox」は、DIYターンテーブルKITだ。このパッケージの中には、ターンテーブルをはじめ電子回路、スピーカー、ケーブル、音量つまみなどレコードプ...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。前々回、前回に続いて、the band apartのドラマー・木暮栄...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...