「ウザくない」ターンテーブルに、女心をくすぐられた

アナログレコードって渋くてカッコイイ。だけど正直言うと、こんなミーハーな気持ちで手を出したら、“本当に好き”な人たちに「わかってないなー」と言われてしまいそうな敷居の高さを感じる。

興味はあるものの踏み切れない人に紹介したいのが、CROSLEYが販売する「MESSENGER TURNTABLE」。女性でも持ち運びしやすい何かとカジュアルなターンテーブルは、イベントの多いこれからの季節にも活躍しそうな予感が。

軽量で丈夫なボディ。
そして、カジュアルなデザイン

8cc7667377cd72b1f9594facbc81210d0211cb22

アナログミュージックを聴く。それは、レコード喫茶やBARに、レコード好きな人の家でしか聴けない場所が限定されているイメージがあった。けれど、調べてみると最近はトランク型のものや軽量なタイプも。しかも、リーズナブルな価格で販売されているから、思っていたよりもずっと初心者でも手を出しやすい印象。

じゃあ、なんでMESSENGER TURNTABLEなのかというと、私が気に入ったのはこのカジュアルなデザイン。重さは1.8kgほどで、見た目がオシャレすぎず、気軽に持ち運びできるちょうどイイ感じ。「いかにも音楽やってます!」って気張っていない、ゆるさがしっくりくるんだ。

誕生会やクリスマスなどイベントにも使えそうだし。それに、いつもってワケじゃないけれど、たま〜の休みに友達や家族と一緒にデジタルじゃない音楽を聴くのもいい。なんだか、日常がちょっとだけ特別になる気がした。

3fb30721d95106e1b44181846bdf8d1a1d9bf963

スピーカーが内臓されているのだけれど、ヘッドホンをつけることができるのが何気に嬉しい。価格は89.95ドル(約1,0200円)で、色は黒のギンガムチェックとグレーの2パターン。

アナログレコードも、たまにはイイなぁ。そう思えたのは、親しみやすいこの子のおかげ。

A2b4772193c67556d7f44a93274d0c04200c494f
Licensed material used with permission by Crosley Brands
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
「Spinbox」は、DIYターンテーブルKITだ。このパッケージの中には、ターンテーブルをはじめ電子回路、スピーカー、ケーブル、音量つまみなどレコードプ...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけど、ぜんぜんイヤじゃない。
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
だれかのリビングテーブルの上の景色って気になる。kimi_and_12のイラストレーションを通してすこし覗き見してみましょう。
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
一見、なんの変哲もないように見えるこのテーブル。じつは、4本の足のうち1本だけ、あえて高さを変えてあるのです。当然、そのままだと傾いてしまいます。「えっ、...