「観察」したくなるサイドテーブル。

京都にあるウサギノネドコというお店で見かけてから気になっていたSola cube。4cm角の透明のアクリルキューブで、なかに植物の花や種子が閉じ込められています。

キューブは鑑賞して楽しむためのものですが、先日、このキューブを36個つないで天板にしたローテーブル「Sola cube Low Table」が発売に。花や種はどれも色や形、大きさが異なるため、完全なる「一点もののテーブル」です。

ちなみにこのSola cube、日本の職人の手によって一つずつ作られていて、ひとつのキューブが完成するまでに1週間〜10日ほどの時間を要するそう。

こんなサイドテーブルが家にあったら「子供の頃、こんな種拾ったな〜」なんていつまでも観察してしまいそうですよね。

天板とフレームは2種類から選べるので、公式WEBサイトをチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Usagi no Nedoko Inc.

関連する記事

スピーカーとスマホの充電機能を搭載した多機能テーブル「スマートテーブルZ9」が応援購入サービス「Makuake」で予約を受け付けている。
家具にもいろいろあるけれど、サイドテーブルに関して言えば「ないと困る」という人と「部屋に置いた試しがない」という人で意見が分かれそうだ。ただ普段は使ってな...
一見普通の椅子に見えるが、折り畳めるだけでなくローテーブルとしても大活躍。シンプルでぬくもりのあるデザインで、余裕を与えるインテリア。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
イギリスのある森で、サステイナブルな家具作りに挑戦するカップルがいる。彼らは、家具を作るために木を伐採することはしない。その代わりに、理想のカタチになるよ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...