植物の間仕切りで「北向きリビング」に彩りを。

いつなんときでも陽が差し込んでくる「南向き」とは違って、「北向き」のお部屋はほぼ陽が当たらない。日本にいながらも、日照時間が著しく短い冬のスカンディナヴィアにいる感覚かしら。でも、陽が当たらない部屋をあえて選んだ勇者たちは、クリエイティブに「自分の陽」を作り出す試みが大切とも言える。たとえば、部屋に命を吹き込む観葉植物なんて良き装飾物。

「陽が差さないのに、枯れちゃわない…?」

心配しないで。陽が差し込まないお部屋でも、観葉植物たちが枯れない、かつ絵になる「フレーム」があるって聞きつけたの。

ただの「木枠」が
空間に彩りを与える

額縁のてっぺんから観葉植物に注がれるライト。本来絵をはめ込むはずの額縁に、ちょこんと座る観葉植物たち。そのシンプルな美しさに思わず息を呑んでしまった(ゴックン)。

スウェーデン発Kauppi & Kauppiのデザイナー、Johan Kauppiさん作「GreenFrame」。主な用途は、じつは部屋の間仕切り。

エレガントな木材で作られた額縁を目前に、Kauppiさんは「働きやすい職場環境・過ごしやすい家庭環境には、額に何を飾り付けたらいいだろう」とアイディアを絞り出したところ、生まれた答えが、彼の大好きな"観葉植物を飾る"だったそう。

そう聞くと、あらかじめ設置されている3つの受け皿は、観葉植物が腰掛けてくれるのを待ちわびているようにも思えてくる。

このように並べて使用するのもOK。

床の上に植木鉢をいくつも並べると雑然としたように見えちゃうけど、固定位置をちょっぴり上げた額にはめこむと、スッキリした見た目に大変身。

Kauppiさんが生活を送るスウェーデンの冬は、朝9時にようやく日が昇ったと思ったら、15時を迎える前に沈んでいる…という驚愕の日照時間の短さ。でも、Kauppiさんが手を組んだGlimakra of Swedenさんのライトをつければ、観葉植物も大喜び(そして元気な植物を見るあなたも大喜び)。

ならば、北向きの部屋にだってこの額縁は最適。観葉植物を「ポン、ポン、ポン」と3つ乗せてしまえば、窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそうだ。

そうして私は、「植物」という名の絵を部屋に飾りたくなったのさ。

Licensed material used with permission by Kauppi & Kauppi

関連する記事

手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は1...
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。まずは1...
白金のエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」代表の横町健さんに「注目のNEXT植物」を聞いた。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんが偏愛する3種。
家の観葉植物に水をあげる用のジョーロ。じつはずっと気に入るものを探していた。ここで言う“気に入る”っていうのはルックスの話だ。
「DAIZ」が開発した植物肉「ミラクルミート」を使用した、初の100%植物性の佐世保バーガー「Y's V Burger」が登場。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
朽ちていくプランターと、育っていく植物を同時に楽しめるプランターです。
おうちの中で植物を育てたり、ベランダやお庭で花や野菜を育てたりする時に、あったら便利だなと思うグッズを紹介している記事をまとめてみました。便利なだけじゃな...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...