AIには創りだせない、生きる花器。

ゆがみ、ねじれ、すき間、いびつな形。
これは3Dプリンターの技術を真似て、人の手で作られた花器。

手がけるのは、オーストラリアのアーティストZhu Ohmuさん。「Plantshukuroi(植物繕い)」というシリーズで、テクノロジーの進歩が目覚ましい今日だからこそ、「人間にしかできないこと」を表現した作品でだそうです。

プログラムにはできない形

456085724567961650987777403125765144054614458368

最新テクノロジーを、あえて人の手を使って再現することで、人間にしか作れないものを作りたかったのです。(by Zhu Ohmu)

プログラムされたとおりに同じ動きを繰り返す機械とは異なり、人の手は様々なものに左右されるもの。
素材の乾き具合や、手の湿り気、疲労感や緊張感などの要因が絡み合い、そのときどきの一瞬にしか表われない味わいがあります。

ふたつとして同じものはない、その偶然性こそが「人間らしさ」なのです。

日本の技法「金繕い」から
インスピレーション

Zhu Ohmuさんは、日本の「金繕い」の技術から、この作品のインスピレーションを得たのだそう。

「金繕い」とは、割れてしまった陶器を、金を使ってつなぎあわせる技法のこと。割れてしまっても、そこにまた新しい表情が生まれ、その偶然に見せる一度きりの表情を大切にするこの技法に、日本の「わびさび」を感じ、インスピレーションを得たと語っています。

このシリーズ名も「金繕い」から名前を取り、「Plantshukuroi(植物繕い)」と命名。割れてしまった陶器を金でつなぎあわせるように、この花器のすき間が空いてしまったところを植物が埋める。変化し続ける植物が、このいびつな花器を完成させるのです。

5306466252619776

テクノロジーが進歩した現代だからこそ、手仕事の価値が見直されるべきなのかもしれません。

Licensed material used with permission by Zhu Ohmu, Instagram
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
〈SPEAR&JACKSON(スピア&ジャクソン)〉の剪定ばさみ、バイパスタイプ MAX15mmです。切れ味はもちろん、持ちやすさ、ストラップ用のホールが...
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
一般的にツリーハウスといえば、木の上にある“アレ”。まるで秘密基地のような雰囲気は、子どもならずともワクワクしちゃいますよね。でも、ここで紹介するのは、「...
スイッチを入れるとアルミ鉢から、ニョキッと姿をみせるサボテン。壁に映し出されたシルエットは、愛嬌があり、何だかとても癒やされる。これぞ現代の「魔法のランプ...
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
「シンプル・イズ・ザ・ベスト」。世の中には素敵なデザインがたくさんあるけれど、色んなものを見れば見るほど、結局はベーシックなのが一番いいな、と原点に落ち着...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
湿気などの影響で、嫌なにおいが出る場合もあるでしょう。そんなときは、空気中の水分で育つ植物を置いてみるといいかもしれません。「Food52」で、植物学者の...
うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。簡単に「部...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...