AIには創りだせない、生きる花器。

ゆがみ、ねじれ、すき間、いびつな形。
これは3Dプリンターの技術を真似て、人の手で作られた花器。

手がけるのは、オーストラリアのアーティストZhu Ohmuさん。「Plantshukuroi(植物繕い)」というシリーズで、テクノロジーの進歩が目覚ましい今日だからこそ、「人間にしかできないこと」を表現した作品でだそうです。

プログラムにはできない形

最新テクノロジーを、あえて人の手を使って再現することで、人間にしか作れないものを作りたかったのです。(by Zhu Ohmu)

プログラムされたとおりに同じ動きを繰り返す機械とは異なり、人の手は様々なものに左右されるもの。
素材の乾き具合や、手の湿り気、疲労感や緊張感などの要因が絡み合い、そのときどきの一瞬にしか表われない味わいがあります。

ふたつとして同じものはない、その偶然性こそが「人間らしさ」なのです。

日本の技法「金繕い」から
インスピレーション

Zhu Ohmuさんは、日本の「金繕い」の技術から、この作品のインスピレーションを得たのだそう。

「金繕い」とは、割れてしまった陶器を、金を使ってつなぎあわせる技法のこと。割れてしまっても、そこにまた新しい表情が生まれ、その偶然に見せる一度きりの表情を大切にするこの技法に、日本の「わびさび」を感じ、インスピレーションを得たと語っています。

このシリーズ名も「金繕い」から名前を取り、「Plantshukuroi(植物繕い)」と命名。割れてしまった陶器を金でつなぎあわせるように、この花器のすき間が空いてしまったところを植物が埋める。変化し続ける植物が、このいびつな花器を完成させるのです。

テクノロジーが進歩した現代だからこそ、手仕事の価値が見直されるべきなのかもしれません。

Licensed material used with permission by Zhu Ohmu, Instagram
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
今週2月25日から、東京駅新幹線南のりかえ口前の臨時販売スペースで、ヴィーガン・ムスリムフレンドリーなお菓子「Plant Based(プラントベース)」の...
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
2020年2月21日(金)、渋谷・道玄坂「WOMB」に集まった女の子たちに突撃取材!
フェイクグリーンの実例レイアウト術。水まわり、ワークデスク、天井付近、フェイクの特性を活かした飾り方に注目。
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
「これはマストチェック!』と心から思う「Netflixオリジナル作品」を4作紹介。
ジーンズなどの製造・販売を予定している「RIOT PANT PROJECT」は、社会に一石を投じるデザインが話題のファッションレーベル。問題視しているのは...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
風船に支柱を入れてそこに水を張って……。
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
女性像の優美な曲線やミステリアスな海の生き物などを想起させる彼女の作品。今回は「Dior」の為に25ピースのベースを全て手作業で作成。