インスパイア系「フェイクグリーン」に刮目せよ

枯れず水もいらず、手入れも不要。本物と見分けがつかない精巧なつくり。そんなことよりなにより、フェイクグリーンのおもしろさはコレに尽きる。

「自然界に存在しない植物が存在する」

知ってた?

植物図鑑に載らない“グリーン”

人気のフェイクグリーン。そのなかに、名前も知らない植物に出会ったことはないだろうか? 聞いたことのあるような、それっぽいグリーン。という。

それは、フェイクが生み出した“架空のグリーン”。

メーカーに「これ何のフェイクですか?」と尋ねても、ルーツがはっきりしないもの。そういったイミテーションともまた違う、インスパイア系フェイクグリーンがじつは多く存在する。

たとえばこうだ。

つる性植物を模したフェイクのひとつに「ファーンハンギングブッシュ」というものがある。英語でファーン(Fern)はシダだから、意訳すれば「吊るせるもじゃもじゃのシダ」となる。

何だそれ?

想像するにシダの葉からインスパイアを受け、吊り下げたり、からめて飾れるよう、茎を長く伸ばして行った結果生まれたそれらしいフェイク。とか。

同じように「ハートリーフツィッグガーランド」も特徴的だ。葉の形状がハート型の植物によく「ハートリーフ」の名がつくが、フェイクのそれは明らかに自然界のものとは異なる形状。ユキヤナギのように奔放に、細く伸びた枝の先にだけ、ちょこんとハート型をした葉がついている。

自生している地域を探したって見つからない。これもやっぱりフェイク発のグリーンなのだから。

真っ赤な花序(かじょ)がすっと伸びる姿が猫の尻尾に見えることから、ついた名前が「キャットテール」。こちらは本物の植物だ。が、「キャットテールグラス」というフェイクグリーンは、姿カタチもまったくの別物。

一説にはインテリア用にヨーロッパでつくられた人工観葉植物なんだそう。

曖昧さも含めて、フェイク
「グリーン雑貨」であそぶ。

考えてみれば、フェイクなわけだから何でもアリといえばあり。もちろん、大半は枝も葉も本物の植物に寄せてつくられている。だが、なかにはこうしたフェイクならではのグリーンが存在する。

絶妙じゃないか!

そういった曖昧さとか、ファジーな感覚もフェイクのおもしろさだと気づくべきだ。なんなら、すべて架空のフェイクだけを集めて飾る、そんなインドアグリーンの楽しみ方があったっていいじゃないか。

あえてビジュアルは控えました。想像してほしいから。そして、気になったらぜひ専門店へと足を運んでみてください。

何がリアルで何がフェイクか──。もう、そんなことさえどうでもよく感じてしまう緑一色の世界が待っている。

↓ 覗いてみない?フェイクグリーンの世界 ↓

特集
「フェイクグリーン」がインテリアを自由にする

Top image: © 2019 YUJI IMAI

関連する記事

フェイクグリーンの実例レイアウト術。水まわり、ワークデスク、天井付近、フェイクの特性を活かした飾り方に注目。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
園芸店からライフスタイルショップまで、フェイクグリーン取扱店を厳選してご紹介。キーワードは「提案」。インテリアのお手本になるディスプレイも見どころです。
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
フローリストはフェイクグリーンをどう見ているのか?「migiwa」オーナー秋貞美際さんにインタビュー。フェイクを使ったブーケは必見です!
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
サイズも形状も多種多様なフェイクグリーン。目的や用途に合わせジャンル別にフェイクを紹介します。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
先月、世界で初めて開発された「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」のプロトタイプを利用した実証実験の開始が発表された。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
観葉植物を育てている人ならではの悩み。それは、「ジョウロをしまう場所」。結構邪魔なんですよね〜。
絶対に枯れない花「アーティフィシャルフラワー」をインテリアグリーンの延長に。
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
あの子も、この子も、そして、わたしも。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...