インテリア緑化を「フェイクグリーン」で実践!フェイクでこそのコーディネート

水やり不要、肥料も不要。世話いらずで手軽にインドアグリーンを楽しめるのがフェイクグリーン。

とはいえ、観葉植物と同じ役割を求めるのはちょっと変。フェイクにはフェイクでこその飾り方があり、飾る場所がある。

ということで、ここではグリーンは好きだけどサボテンすら枯らした経験がある、という同僚編集者のお宅に大量のフェイクを持ち込んで、殺風景なお部屋をフェイクグリーンで勝手にアレンジしてみました。

フェイクならではの特性が活かせる「水まわり」「デスク」「天井付近」に絞ってご紹介。こんなレイアウト悪くないでしょ?

01.
デッドスペースをフェイクが埋める
【キッチン編】

©2019 NEW STANDARD

え、キッチンから? 玄関とかベランダじゃなく……

さすがにベランダはリアルな植物を育ててあげてよ(笑)。でも、玄関はフェイクグリーンが生きる場所のひとつ。あまり日照りの良くないところに無理に植物を置いて枯らしちゃうくらいならば、フェイクグリーンに置き換えてあげるっていうのは手だよね。

さて、水まわりと植物の相性は言わずもがな。だけど、実際キッチンに飾るようなものといったら、ハーブとかスプラウト系くらいなもんでしょ?

そういや、実家の母親がよくベランダのバジルを水差しに入れて、使う分だけちぎってましたわ。あ、あと豆苗とか根元近くで切って育てて、2回戦はかならずいってましたね。

そうそう。キッチンカウンターや流しのちょっとしたスペースならばそれでいいよね。でも、フェイクグリーンを使うとこんな場所も生きてくるんだな。

©2019 NEW STANDARD

レンジフード!? そこ攻めるかぁ。たしかに、ちょっと奥行きがあってモノ置くのに便利なんですよね。ウチはダイニングから丸見えなので、結局カラフェとかデザインのいいガラス瓶を置いてみたりして。ただ、あんまし荷重がかかりすぎるのもどうなんだろうって思ってたんです。

で、油汚れとかってどうなんすか?

もちろん多少は油で汚れることもあるけれど、そこはまぁフェイクだし。それにリアルな植物じゃ、まずこんな飾り方はできない。ドライフラワーもいいんだけど、どうしても色が抜けてしまう。それに温度も少なからず退色に影響すると思うんだ。

その点フェイクならばご覧の通り! レンジフード上のデッドスペースが生きるでしょ。ついでにフェイクっぽさが強調される“柄の部分”も、フードの奥の方に隠しておけば見えないしね。

©2019 NEW STANDARD

キッチンカウンターにもフェイクをプラス。どう?

ハーブやスプラウトだと置き場が限定されてちょっと寂しい。かといって、土に植わった鉢をキッチンにっていうのも衛生的じゃないからね。そこで、なにかフラワーベースになるようなものがあるといいんだけど……。

パッケージデザインのいいアンティークの空き缶がありますよ。フェイクならそのまま入れられるしキッチンのトーンにも合ってるはず。

これ、なんていう植物ですか?

シダとポトス。ガラスのベースの中はホヤ・リネアリス。いいでしょ? 細長い葉をカウンターにダラリもGOOD。

Too Muchになりすぎず、抜けた感じがいい雰囲気!グリーンで気持ちいい空間の方が料理するのにも気分が乗ってきそう。

©2019 NEW STANDARD

何でもないんだけど洒落てますね〜。水まわりにガラスの小物は相性いいし、シンクに枯れた葉っぱも落ちてこない。これはアリですね!

02.
フェイクで“森林浴(気分)”
【お風呂場編】

©2019 NEW STANDARD

お風呂場にグリーンって、なんか艶っぽくなりますよね(笑)

泡風呂にスパークリングよりマシでしょ。

コーナーにワンポイントとか、出窓にさりげなく飾るだけでも雰囲気出るんだけどね。どうせなら枯れない&散らないメリットを最大限に活かすことで、フェイクを使った森林浴気分を楽しんで欲しいな。

ランドリーパイプやタオルかけにガーランド状のフェイクをからませたり、ソープ類を置く収納なんかを上手に使えば、かんたんに演出できるよ。

もともと洗面台には小さなフェイクグリーンを置いていたんです。日当たりがあまり良くない場所だと元気に育ってくれないから。

それそれ、そういうのこそフェイクが生きる場所なんだよね。リアルな植物を飾るよりもフェイクの方が適しているっていう部分を見つけるのも楽しみのうち。

03.
背の低いフェイクを“目線の延長”に
【ワークデスク編】

©2019 NEW STANDARD

この手の“癒し”が自分には必要なんですよね〜。目の前が公園なんですが、窓開けたりしてもフェイクなら虫が寄ってこなくてストレスなしですね。

ちなみに、デスクではおもにどんな作業? 

メインはラップトップPCでの調べものや記事校正ですね。

ならば、なるべく背の低いフェイクがオススメ。枝や茎があまり長すぎないものの方が、自然と目線に入ってくるから。目の高さとPCの延長に配する。つねに視線の先にちらっとだけグリーンが入ってくる感覚ね。

エアプランツでおなじみのティランジアとかをアンティーク調のガラス瓶に入れてテラリウムみたいにしてもいいかも。

何かとモノでスペースが埋まっちゃうから、極力さっぱり飾りたいところ。あれこれモノを動かすにも邪魔にならずに済みそう。存在感あるものよりも、デスク上はさりげなさ優先ですね。

©2019 NEW STANDARD

キッチンで使った空き缶。デスクの上でも様になるね。

雑にモノを置いても、散らかっているんじゃなくて小洒落た感じになりましたね。

04.
天井付近を狙い撃ち!高い位置から垂らす
【室内編】

©2019 NEW STANDARD

ところで、フェイクグリーン最大の利点ってなんだと思う?

そりゃ、やっぱ一年中「枯れない」ってことなんじゃ?  ずっと飾っていられるし、葉っぱが散ったりもしない。ゆえに手入れいらずだし。

そうそう、手入れがいらない。つまりは「水やりの必要」がないわけだ。

だったら、積極的に高い位置に飾ることができる。いちいち水やりのたびに椅子や脚立を動かしてこなくてもいいしね。背の高いグリーンを置こうと思えば、それなりにコストもかかる。フェイクだって結構いい値段がするもの。

そこでフェイクの出番。長さのあるフェイクを天井近くから垂らしてくると、空間演出にも幅が出るよ。たとえばピクチャーレールにフックを引っ掛けたり、梁見せ天井から吊るしたり、マクラメでグリーンハンギングもいいよね。

エアプランツみたいに軽いものならば、ブラインドに直接引っ掛けちゃうっていうのもアリですね。

ホコリ程度なら、ささっとはらえば落ちる。水やり不要だからこそ、大胆な飾りつけにも挑戦できる。どう、ハマるでしょ?

あー、窓の光も射してキレイに見えますね。吊るしテクに感動したかも!

リアルを全部フェイクグリーンに変えよう!ということではなく、本物の植物を置くには適していない場所もあります。そこをフェイクグリーンが担う。リアルとフェイクを上手に使い分けることで、インドアグリーンの幅はぐんと広がるはず。

まずは一度、フェイクグリーンを手にとって自宅に招いてみてください。「どんな花器となら相性がいいだろう?」「 どこに飾るとフェイクっぽさが薄まるか?」 そんなことを考えならがレイアウトを変えてみたり、DIYをライトに楽しんでみたり。フェイクグリーンのある生活はインテリアをもっと自由にしてくれますよ。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
フェイクグリーンがインテリアを自由にする
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
フローリストはフェイクグリーンをどう見ているのか?「migiwa」オーナー秋貞美際さんにインタビュー。フェイクを使ったブーケは必見です!
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
園芸店からライフスタイルショップまで、フェイクグリーン取扱店を厳選してご紹介。キーワードは「提案」。インテリアのお手本になるディスプレイも見どころです。
サイズも形状も多種多様なフェイクグリーン。目的や用途に合わせジャンル別にフェイクを紹介します。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
絶対に枯れない花「アーティフィシャルフラワー」をインテリアグリーンの延長に。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
スキューバダイビング指導団体「PADI」が、エコフレンドリーなアクティブウェアを生産する企業「Rash'R」と協力し、海から回収されたプラスチックボトルを...
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「海外の最先端フェイク食品」3選。フェイク砂糖、フェイクエッグ、フェイク醤油というラインナップです。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...