フェイクと暮らす部屋づくり。実用「フェイクグリーン図鑑」

一口に「フェイクグリーン」と言っても、背丈ほどある中低木から手のひら大の多肉植物まで、サイズや形状はじつに多様。

吊るす、植え込む、そのまま置いても様になる。そんなフェイクならではのディスプレイも、まずは種類や特徴を知ってこそ!

そこで、百花繚乱のフェイクグリーンをジャンル別に分けてご紹介。なかには“自然界には存在しない”なんてフェイクも登場します。

リビングの“顔”になる
「鉢もの」

©YUJI IMAI

バショウ科ストレリチア属(学名:Strelitzia nicolai
別名オーガスタ。新芽の葉は小さく上に行くほど大きな葉となり、切れ込みもリアルに再現している。日照不足などの理由で葉がきれいに開かなかったり、茎が折れる心配もなし。葉先まで通ったワイヤーで自在に形をつくれる。

サイズ:H1500mm

価格:3万8000円(税抜)

©YUJI IMAI

サトイモ科モンステラ属(学名:Monstera
おなじみモンステラはフェイクでも大人気のグリーン。サイズも豊富だ。葉の大きな切れ込みもツヤも再現性が高く、遠目にはフェイクとは思えない。茎は自在に折り曲げることができる。

サイズ:H900mm

価格:9000円(税抜)

©YUJI IMAI

クワ科イチジク属(学名:Ficus benjamina
くるんとカールした葉が特徴的なベンジャミン バロックはベンジャミンのなかでも人気が高い観葉植物。ワイヤー枝に自然な流れをつければ、部屋のなかでひときわ存在感を放つ。

サイズ:H1500mm

価格:2万円(税抜)

©YUJI IMAI

スズラン亜科ドラセナ属(学名:Dracaena concinna
細い枝の先から鋭い葉を生やすドラセナ・コンシンネ。太陽に向かって伸長する茎にはすべてワイヤーが通っており、自在に形成が可能。主軸となる1本を垂直にとり、あとは思いのままねじ曲げてアレンジしたい。

サイズ:H1500mm

価格:2万円(税抜)

©YUJI IMAI

柱サボテン亜科(学名:Cereus hildmannianus
プランター鉢付きでこのままでも飾れるが、好みのカバーをかけて根元をデコレーションしたい。トゲに刺さる心配もないので、ペットや小さい子どものいる家庭にオススメ。写真は「フェイクでもサボテンが欲しい!」ユーザー要望に応えた「いなざうるす屋」オリジナル品。

サイズ:W180mm × H670mm

価格:1万2400円(税抜)

葉に動きをつける楽しみ
「葉もの」

©YUJI IMAI

アオイ科パキラ属(学名:Pachira
艶やかで少しちぢれ感のある葉の質感を忠実に再現したパキラ。ぽってりした幹からバランスよく左右に枝が伸びる。ワイヤー入りの茎をアーチ状に曲げて形をつくれば、いっそう本物らしさが漂ってくる。

サイズ:W300mm × H320mm

価格:1360円(税抜)

©YUJI IMAI

イノモトソウ科クジャクシダ属(学名:Adiantum raddianum
観葉植物として人気のアジアンタム。細い茎に扇状の葉を茂らせる姿を再現。乾燥に弱く葉焼けしやすい育成の難しさをフェイクが補ってくれる。茎の大部分にワイヤーが通っているため、茎を1本ずつ丸みをつけながら曲げて、ふんわりボリュームを出すとリアル度がUPする。

サイズ:W300mm × H200mm

価格:880円(税抜)

©YUJI IMAI

裸子植物ソテツ科(学名:Cycas revoluta
常緑低木のソテツもフェイクで再現。円柱状の幹を排しこちらは葉のみだが、室内に南国の雰囲気をもたらしてくれる。芯材をカバーで覆いアーチ状に曲げて飾りたい。

サイズ:W390mm × H300mm

価格:2160円(税抜)

©YUJI IMAI

ツルシダ科タマシダ属(学名:Nephrolepis cordifolia
日本でも伊豆半島以南、小笠原諸島などに自生するタマシダ。葉先まで通ったワイヤーを放射線状に曲げて、表情をつけながらディスプレイしたい。鉢に入れマクラメで吊るすなどアレンジも楽しい。

サイズ:W700mm × H600mm

価格:1520円(税抜)

©YUJI IMAI

ウラボシ科ビカクシダ属(学名:Platycerium )
ビカクシダの名でも知られる植物。独創的なフォルムを活かし、鉢植えだけでなく、逆さにハンギングしたりウォールボードを用いたり幅広いディスプレイで楽しめる。葉の裏側に入ったワイヤーを曲げて形を整えることも可能。

サイズ:H630mm(葉長:500mm)

価格:1860円(税抜)

垂らしてよし、巻きつけてよし
「枝もの」

©YUJI IMAI

フェイク名「ハートリーフ ツィッグガーランド」
立ててよし、垂らしてよしの万能型のフェイクグリーンオリジナル品。枝先までワイヤーが入っているため、形成も自由自在。葉先の光沢がやや気になる場合は、目線から離れた位置にディスプレイすることでリアルさが増す。

サイズ:H1500mm

価格:1360円(税抜)

©YUJI IMAI

フェイク名「ベリーガーランド」
ブルーベリーをかたどった実と茎で構成されたフェイクグリーンオリジナル品
。茎全体にワイヤーが入っているため扱いやすく、リースのように丸く形づくることも可能。長さもあり垂らしてよし、絡ませてよしのマルチプレイヤー。グリーン、ブラックの2色展開。

サイズ:H850mm

価格:900円(税抜)

©YUJI IMAI

キンポウゲ科センニンソウ属(学名:Clematis
英国ではつる性植物の女王として位置付けられるクレマチス。こちらは葉の部分のみ。ややドライフラワー風のシャビーな色合いが特徴的。アレンジに混ぜたり、ポールなどに絡ませてディスプレイしても存在感が出る。

サイズ:H1540mm

価格:2580円(税抜)

©YUJI IMAI

サボテン科リプサリス属(学名:Rhipsalis paradoxa
北アメリカから南アメリカに分布するサボテンの一種。柄の部分が見えないように鉢などに入れたり、置いてディスプレイする場合は折り曲げて隠すのがオススメ。葉をバラけさせるとボリュームもアップする。リアル度はかなり高い。

サイズ: H970mm

価格:1960円(税抜)

©YUJI IMAI

ウコギ科キヅタ属(学名:Hedera helix
ヨーロッパ、北アフリカ、アジア一体に自生するおなじみアイビーは、つる性植物の代表。葉の色の変化も斑の入り方も質感も再現度が高い。茎にはワイヤーが入っているため、好きな長さや形に折り曲げてディスプレイが可能。

サイズ:H1150mm

価格:3880円(税抜)

©YUJI IMAI

フェイク名「ファーンハンギングブッシュ」
シダ植物をイメージしてつくられたフェイクグリーンオリジナル品。ベニシダに似た繊細なつくりの葉先が特徴。ボリュームもたっぷり。形を整える時は、長い枝が内側に・短い枝が外側になるように枝を広げるのがオススメ。

サイズ:W220 × H780mm

価格:1160円(税抜)

雑貨との組み合わせが映える
「エアプランツ」

©YUJI IMAI

パイナップル科ハナアナナス科(学名: Tillandsia xerographica
南米原産のエアプランツ。大型エアプランツの中でもとくに人気のキセログラフィカ。短い保護毛「トリコローム」の質感も忠実に再現している。サイズも豊富だが、大ぶりなものはそのまま置くだけで存在感抜群。

サイズ:W260mm × H160mm

価格:1880円(税抜)

©YUJI IMAI

パイナップル科ハナアナナス科(学名: Tillandsia
北米南部から中米、南米と広く分布するエアプランツ。その原種は700近くとも。葉先に向かいシルバーグリーンからブラウンへと変色するツートンカラー。葉が何層にもなりボリューム感あり。塩化ビニール製も表面の質感は本物そっくり。棚に置くだけでもスタイリングが決まる。

サイズ:W270mm × H150mm

価格:1400円(税抜)

©YUJI IMAI

パイナップル科ハナアナナス科(学名:Tillandsia usneoides )
インテリアグリーンとして人気のスパニッシュモス(ウスネオイデス)。表面の毛羽立ちはエアプランツの質感を忠実に再現している。ハサミでカットして小分けにしたり、数本を束にしたりとディスプレイの自在性はフェイクのなかでもダントツ。

サイズ:H820mm〜920mm

価格:480円〜1390円(税抜)

蕾だけでも存在感あり

©YUJI IMAI

キク科チョウセンアザミ属(学名:Cynara scolymus
食用とする若いつぼみをフェイクに。ころんと無造作に置くだけでもサマになる。グリーン、バーガンディの2色展開。他のフェイクにはない色味と形は、キッチンや食卓に飾るとインテリアのアクセントとしても。

サイズ:W100mm × H100mm

価格:920円(税抜)

©YUJI IMAI

ワイヤーが入っている部分は曲げたり、広げたり、葉を自在に暴れさせることで、好きな形にカスタマイズ。また、柄の部分はポットカバーなどで隠すなど、フェイクグリーンに合わせてアレンジを変える。インテリア雑貨をうまく活用しながら自分なりの飾り方を見つけることもフェイクのおもしろさ。

フェイクグリーンのある生活で、インテリアの自由度は無限に広がる!

※価格は取材時点での「いなざうるす屋」の販売価格を参考にしています。

取材協力:いなざうるす屋

Top image: © YUJI IMAI
フェイクグリーンがインテリアを自由にする

関連する記事

フェイクグリーンの実例レイアウト術。水まわり、ワークデスク、天井付近、フェイクの特性を活かした飾り方に注目。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
フローリストはフェイクグリーンをどう見ているのか?「migiwa」オーナー秋貞美際さんにインタビュー。フェイクを使ったブーケは必見です!
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
園芸店からライフスタイルショップまで、フェイクグリーン取扱店を厳選してご紹介。キーワードは「提案」。インテリアのお手本になるディスプレイも見どころです。
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「海外の最先端フェイク食品」3選。フェイク砂糖、フェイクエッグ、フェイク醤油というラインナップです。
折り紙のように組み立て&折り畳みができて、コンパクトに持ち歩ける便利なアウトドアマット「オリガマット」が「Makuake」にて販売中。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
仕事や家事に追われていて、身近にゆっくりとくつろげる癒しの空間をつくりたいと感じているあなた。ぜひ、「ウッドトピアリー」に注目してみませんか?ほとんど手間...
やはり「芸術性」か「実用性」か……この論争は長引きそうです。なににどれだけ重点を置いているのか、人それぞれですからね。
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
銭湯の魅力を発信しようと、ひとりの女性がイラスト風の見取り図をFacebookに投稿していたところ話題になり、それを集めた書籍『ひつじの京都銭湯図鑑』が出...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...