IKEAで本当に買うべきは「FEJKA(フェイカ)」だ!

1万点近い北欧家具や生活雑貨のなかから、IKEAで買うべきは人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」だ!

インドアグリーンに人工観葉植物を置いてみようと思うなら、ファーストステップには間違いなくFEJKAがオススメ。

「どうせニセモノ」と、コーナー前を素通りするのはもったいない! IKEAでこそのメリットがこれです。

170cm超えの大サイズでも
6000円以下で買える

一般的に人工観葉植物とリアルな植物を比較した場合、じつは値段に大きな開きはなかったりします。サイズにもよりますが、ネット通販や専門店で買えば1万円はくだらない大ものの鉢が、FEJKAシリーズならば高いものでも5999円(税込)。

種類豊富とは言えないまでも、定番の「モンステラ」や人工観葉植物で大人気の「ベンジャミン」など、押さえるべきところはちゃんと押さえているあたりがニクい。

なかでも最も大きいものが175cmの「竹」。なにゆえラインナップに竹かはさておき。背丈ほどのサイズがこの価格帯で手に入るのはうれしい限り。

壁面緑化も夢じゃない!

©2019 NEW STANDARD

玄関、廊下、トイレ内など、個性を出したい空間。その壁面を飾るのに最適な人工観葉植物が「アートプラント」です。

壁面緑化用のこの手の人工観葉植物って、シダやワイヤープランツを中心にグリーンを密集させてつくられるものが多く、それなりに“いい値段”がするもの。

その点、FEJKAだと26cm × 26cmのシートが一枚399円(税込)で手に入るため、このシートを黄色いキャリーバッグいっぱいに詰めてレジへと向かう人の姿も。

実際、葉っぱの密集密度は低いんですが、そのぶん「アートプラント」ならではの工夫が。葉脈を模した同素材のシートが葉の根元に敷いてあるため、見た目以上に葉が多く感じる仕掛け。ナイスアイデア!

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

ちなみに裏面のスナップをパチッと連結させることで、空間やシーンに合わせて自分好みにレイアウトが可能に。「アートプラント」で壁一面をグリーンで飾る、なんてことも決して夢じゃありません。

ポットカバーを
その場で合わせられる

©2019 NEW STANDARD

左:FEJKAシリーズ「グリーンネックレス」399円(税込)
右:FEJKAシリーズ「つり下げ型」399円(税込)

上の写真、どちらもFEJKAシリーズですが、左のように植木鉢代わりの黒いポットで売られています。このままでも飾れなくはない。けれど、やっぱりこれだとチープ感が拭えません。

となればポットカバーなわけですが、そこはさすがにIKEA。FEJKAシリーズのすぐ隣には専用のカバーがずらり。テラコッタ、陶磁器、プラスチックにバスケット。規格も申し分ないカバーがすぐ手に入る!

気に入ったFEJKAをその場でカバーも合わせてみる。こういうのもIKEAならでは。

自室に招いたときの
イメージがつきやすい

ついでに、気になるFEJKAを持って歩いて、インテリアコーディネートの中にそっと置いて雰囲気を見てみるのもアリ。IKEAですから。グリーンショップやDIY専門店のディスプレイ以上に、自分が飾りたい空間のイメージがつきやすいのは言うまでもありませんね。

世界で愛されるサイズ感
「多肉セット」が何かと使える

©2019 NEW STANDARD

FEJKAシリーズ「 Succulent」599円(税込)

初めての人工観葉植物ならばコレ。

クラッスラ、アエオニウム、アロエ、3つの多肉植物がセットになった「Succulet」。色もカタチもそれぞれだけど、鉢の直径6cm、高さ12cm。

世界中に展開するIKEA。日本とは違いもっと広い室内環境の国でも販売されているはずなのに、この手のひらサイズというのは、質よく体よく納まりよく、愛されている証拠(持論ですが)。

3つまとめて飾ればそれはそれで絵になるし、ひとつでも存在感が出せる。小さいくせに空間を支配する子たちです。ワークデスクにちょこんと置いてもゴキゲンです。

気に入ったものは
オンラインストアで買い足せる

©2019 NEW STANDARD

FEJKAシリーズ「ベンジャミン 幹」999円(税込)

当然ながらオンラインストアでも購入可能。ちょっと「買い足したい」なんてときにも、。お気に入りのものを数個まとめて飾るときにも、在庫切れも(ほぼ)ないIKEAなら安心。

ついでに、IKEAにはクリスマスシーズンに登場する「VINTERFEST(ヴィンテルフェスト)」という人工観葉植物もあります。ポインセチアやもみのき、つげのリースなどこの時期ならではの植物が中心。どのみち飾るのも年に一度。ならばこちらも断然フェイクでしょ!

↓ 人工観葉植物をもっと知りたい? ↓

特集
「フェイクグリーン」がインテリアを自由にする

Top image: © 2019 NEW STANDARD

関連する記事

インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
IKEAでウォッチすべきは、インテリアだけにあらず。
暮らしのヒントになる「フェイクグリーン」の話題を集めてみました。家で過ごす時間がいつもより多くなったからこそ、フェイクならではの楽しみかたで、自分らしいグ...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
園芸店からライフスタイルショップまで、フェイクグリーン取扱店を厳選してご紹介。キーワードは「提案」。インテリアのお手本になるディスプレイも見どころです。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
僕らの日常にちょうどいい━━。そういう感覚でつき合える「IKEA」を集めてみました。
IKEAが、植物由来のミートボールを販売すると発表しました。どんどんと増えていく人口を養うには今生産しているタンパク質だけでは足りないという研究結果を踏ま...
「スノーピーク」が体験型グランピング施設「snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」を今週4月16日(金)にオ...
「IKEA」から、植物のある暮らしを提案する新コレクション「BOTANISK/ボータニスク」がデビュー。今週1日(月)よりオンラインストア及び全国のIKE...
2016年にスウェーデン・エルムフトにオープンした「IKEA Museum」にて、70年にわたる「IKEA」の歴史を知れる展示がおこなわれている。そして、...
フランス「IKEA」は、Web会議やオンライン通話などで使用可能なオシャレな「インテリアの背景画像」の無料提供を開始。
「IKEA(イケア)」がバンコク発のファッションブランド「Greyhound Original」とコラボし、限定コレクション「SAMMANKOPPLA/サ...
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
全国の「IKEA」にスウェーデンの夏の風物詩「ザリガニ」メニューが登場。
いくつもの大型店舗をどかーんと構えるIKEAが、マンハッタンに“らしくない”店舗をオープンしました。
サステイナブル建築でオープンしたイギリス・グリニッジのIKEA。彼らとしては、お客さんにも環境問題を意識してほしいみたいです。ということで、ユニークな看板...
4月25日よりイケアストアにて植物由来100%のカップラーメン「プラントラーメン」が発売開始。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。