絶対に枯れない花「アーティフィシャルフラワー」がスゴイ!

ニセモノ、つくりもの、と毛嫌いするのはもったいない。日進月歩の造花ワールド。「絶対に枯れない花」に咲く魅力がある。

もう、「造花」とは呼ばせない!

まずは簡単におさらい。

かつての造花といえば、新規開店の「花輪」に代表されるように、遠目に見た人が惹かれるよう意識したつくりのものが多かった。自然界の色合いよりひと回りもふた回りも鮮やかに着彩したのもそのため。

そして、花びらは精巧でも、葉や茎となるととたんに粗雑。造花において重要なのはあくまで花の部分。それゆえ、花だけの造花も多く存在した。

そんな造花の現在地。より生花に近づける努力は素材を変え、色合いを変え、おまけに呼び名まで「アーティフィシャルフラワー」と変えてしまった。

まずは「素材」。塩化ビニールやプラスチック製のものが、感触が布に近い繊維質のポリエステルや、マットな樹脂質のポリエチレン素材に取って代わった。いわゆる造花のニセモノっぽさである光沢感がなくなるとともに、ディテールが格段に向上した。

特筆すべきは「色合い」。ビビッドな単色使いの印象だった造花も、近年は、より暮らしに馴染みやすいナチュラルカラーが主流に。さらに緻密なグラデーションで生花を再現したアーティフィシャルフラワーが増えている。造花でありながら、枯れゆく花の表情まで忠実に再現しようという狙いが見て取れる。

©YUJI IMAI

枯れなくても
「飾りっぱなし」にしない

ところで、アーティフィシャルフラワーの特徴といえば、他のフラワーマテリアルと比較して耐久性に優れている点が挙げられる。

たとえばドライフラワーの場合、時間とともに花が退色するのは避けられない。花びらや葉はもろく落ちれば掃除が必要だし、ドライでいながらカビが生えることだってある。

かたやアーティフィシャルフラワー。劣化しらずで掃除の必要もなし。メンテナンスという面で考えれば、こちらに分がある。

さらには、保管して再利用できるというメリットだ。

生花では適わない「枯れない」という最大の利点を活かせば、昨今人気の人工観葉植物(フェイクグリーン)のように一年中ずっと花瓶に挿しておくことだってできる。

でも、それをしないのがアーティフィシャルフラワーの楽しみ方。春には春の草花、冬には冬の花。シーズンに合わせて花材も変える。これも長期保管が利くがゆえ。

退色や損傷の心配がないからこそ、季節外れの花はしまって、旬を迎えた花でアレンジを楽しんでみてはいかがだろう。

お手本は、いつも生花。

©YUJI IMAI

もう一歩踏み込んでアーティフィシャルフワラーを楽しむならば、一年を通していつどんな花が咲いているか。そこに注力する必要がある。定期的に花屋をのぞいてみるのもいい。リアルな花材を知ることが、違和感のないアレンジをつくる第一歩。

造花のために生花を参考に……。

本末転倒なようにも聞こえるが、リアルの美しさを知れば知るほどに人工物さえよく思えてしまう。“アーティフィシャル”、言い得て妙じゃないか。

Top image: © YUJI IMAI
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
園芸店からライフスタイルショップまで、フェイクグリーン取扱店を厳選してご紹介。キーワードは「提案」。インテリアのお手本になるディスプレイも見どころです。
フェイクグリーンの実例レイアウト術。水まわり、ワークデスク、天井付近、フェイクの特性を活かした飾り方に注目。
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
1月、新しいコンセプトのジビエ鹿革専門のバッグブランド「エニシカ」が神戸で誕生。
フローリストはフェイクグリーンをどう見ているのか?「migiwa」オーナー秋貞美際さんにインタビュー。フェイクを使ったブーケは必見です!
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
サイズも形状も多種多様なフェイクグリーン。目的や用途に合わせジャンル別にフェイクを紹介します。
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
ファーマーズマーケットで火がつき、「Whole Foods Market」で人気となった、ロンドンで話題の「白いキムチ」。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
食品加工会社「ゼネラル・ミルズ」のマスコットキャラ「グリーンジャイアント」。緑の大巨人の友だち・リトルスプラウトの秘密とは?
ただ壁に掛けるだけでもよし。大きなガラス窓を背景にすれば、空間に枝葉が浮かんでいるような演出も。もちろん、本物のグリーンと合わせてもステキ。
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
「フォルクスワーゲン」が来週21日まで開催する「The No Show Room」と題したキャンペーンは、とある森の中に設置されたショールームを見つけると...
オーストラリア大規模森林火災で被害にあった動物たちのために、ニンジンやじゃがいもをヘリコプターで空中から投下する「ロックワラビー作戦」が実施中!
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?