「花のある暮らし」をデリバリーしてもらおう。

花をもらってきて部屋に飾ると、特別じゃない日にも「花がある暮らし」が送れたらいいなぁと思います。思っただけで実践にいたっていないのには、いくつか理由があって。花瓶を持ってないとか、活け方が分からないとか、そもそもどこの花屋に行けばいいんだろうとか。いつだって始められるんだけど、「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。

毎月、自宅まで「季節の花」を届けてくれるサービス。

霽れと褻(ハレとケ)」は、花屋が運営する花の定期便サービス。4月はスズラン、5月はバラ、6月はアジサイなど、毎月違った季節の花が自宅に届きます。

お値段は、送料込みで月3,000円(税抜)。「自分で花を選ぶから楽しいんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、個人的にはAmazonの定期便を利用するような感覚で花が送られてくるって、現代的な花の取り入れ方でおもしろい!って思いました。

「どう活けたらいいかわからない」って人のために、オススメの飾り方や、手入れの仕方などが書かれた「花屋が編集する新聞」も一緒に送られてきます。生け花を習いたいってほどではないけど、その季節に咲く花について知れるのは楽しそうです。

「家に花瓶がない!」って人には

普段食卓で使っているグラスやピッチャーなんかでも花瓶の代用ができるかもしれませんが、「霽れと褻」のオリジナルの花瓶もあるみたいですよ。大きすぎず小さすぎずのちょうどいいサイズで、主張の強くないシンプルなデザイン。初めての花瓶にはもってこいって感じです。

うーん、ここまで手取り足取りしてもらえたら、もう花のある暮らしを憧れで終わらせる理由はないんじゃないでしょうか!

Licensed material used with permission by霽れと褻
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
今年9月に開業予定の「東京ポートシティ竹芝」内に、ヒューマノイドロボットが商品陳列を担う「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」が開店すると発...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
世界屈指のIT先進国・エストニアは、7月1日から外国人向けの「デジタルノマドビザ」を導入。国外の雇用主との雇用関係や事業活動をおこなっていて、それがテレワ...
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
絶対に枯れない花「アーティフィシャルフラワー」をインテリアグリーンの延長に。
6月18日、「フォード」がマスタングシリーズの新型EV「マスタング・マッハE」に、手を離した運転を可能にする技術を搭載すると発表した。アメリカ50州とカナ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第4回は、薬膳カフェ日月の「花...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
おうちの中で植物を育てたり、ベランダやお庭で花や野菜を育てたりする時に、あったら便利だなと思うグッズを紹介している記事をまとめてみました。便利なだけじゃな...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...