「花のある暮らし」をデリバリーしてもらおう。

花をもらってきて部屋に飾ると、特別じゃない日にも「花がある暮らし」が送れたらいいなぁと思います。思っただけで実践にいたっていないのには、いくつか理由があって。花瓶を持ってないとか、活け方が分からないとか、そもそもどこの花屋に行けばいいんだろうとか。いつだって始められるんだけど、「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。

毎月、自宅まで「季節の花」を届けてくれるサービス。

6663670817882112

霽れと褻(ハレとケ)」は、花屋が運営する花の定期便サービス。4月はスズラン、5月はバラ、6月はアジサイなど、毎月違った季節の花が自宅に届きます。

お値段は、送料込みで月3,000円(税抜)。「自分で花を選ぶから楽しいんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、個人的にはAmazonの定期便を利用するような感覚で花が送られてくるって、現代的な花の取り入れ方でおもしろい!って思いました。

「どう活けたらいいかわからない」って人のために、オススメの飾り方や、手入れの仕方などが書かれた「花屋が編集する新聞」も一緒に送られてきます。生け花を習いたいってほどではないけど、その季節に咲く花について知れるのは楽しそうです。

5548482022604800507857824068403262044781475266566221256168833024590347261234380847917966305525766379515781578752

「家に花瓶がない!」って人には

62697818501939204862406966640640

普段食卓で使っているグラスやピッチャーなんかでも花瓶の代用ができるかもしれませんが、「霽れと褻」のオリジナルの花瓶もあるみたいですよ。大きすぎず小さすぎずのちょうどいいサイズで、主張の強くないシンプルなデザイン。初めての花瓶にはもってこいって感じです。

うーん、ここまで手取り足取りしてもらえたら、もう花のある暮らしを憧れで終わらせる理由はないんじゃないでしょうか!

Licensed material used with permission by霽れと褻
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかでき...
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言...
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
農家の人たちは農薬を使う代わりに、花を植えた方がいいかもしれない。これは、フードエディターのWilly Blackmore氏の意見だ。Blackmore氏...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp生花を髪に飾りつける「花結い」の技法で独創的なヘッド...
うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。簡単に「部...
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...
ヒヤシンスはツルボ科の多年草植物で、ひとつの茎にたくさんの花弁をつけます。語源は、ギリシャ神話の美少年の名前からきており、ヒヤシンスの力強く美しい姿はまる...
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...