梅雨にペロリ。テキーラショットとともに舐めたい「花入りアイス」

お菓子づくりでたまに見かけるエディブルフラワー(食用花)。Food52が「The LA Cookbook」から紹介するのは、ロスではお馴染みのメキシカンカクテル「パロマ」をアイスキャンディにしたもの。中にエディブルフラワーがとじこめられているんですよね。

全国的にほぼ梅雨入り、自宅でこのアイスキャンディをペロペロしながらテキーラを飲めば、もう気分は夏です(多分)。

花咲くアイスキャンディ
「パロマのパレタ」

6673789190406144
© Julia Gartland

パロマとは、グレープフルーツソーダにライムとテキーラを入れたメキシコを代表するドリンク。ロス在住者にとってその知名度は、ミチェラーダやホルチャータに並ぶほど。

そんなパロマの変化系を新しいパレタ(スペイン語でアイスキャンディー)カンパニーにて発見しました!このパレタは、なんとエディブルフラワー(食用花)入り。テキーラショットとともにいただけば、どんより雨気分も忘れてしまうかも。 

型をとるものがなければ、以下の方法でもつくれますよ。

①小さなタンブラーにアルミホイルをかぶせて、串に刺す。
②グラニテをつくる。背が低いグラスにパレタの材料を注いで、4時間凍らせる。30分おきに、グラスに張りついた液体を削って混ぜる(しっかり目を張っておくとなおよし)。

オプションBでつくったパレタは、1日保ちます。

※「The LA Cookbook」(2018)に掲載されていた、Alison Clare Steingoldさんのレシピを転載しています。出版会社:Rizzoli

材料:6本

水:1と1/2カップ(300mm)

砂糖:1/2カップ(100g)

グレープフルーツジュース:450mm

ライム:3と1/2個(70mm)

エディブルマイクロフラワー:1/2カップ

作り方

【1】小さなポットに水を1/2カップと砂糖を入れて、砂糖が溶けるまで中火にかけて温める。少し煮立たせたら、火から外し、ボウルに注いで冷ましておく。

【2】自分で果物を絞る人は、大きなボウルにグレープフルーツとライムジュース(種が入らないようにザルを使うとよい)、冷ましておいたシロップ、そして残りの水1カップ分を入れて混ぜる。

【3】1つあたり85gを目安に、パレタ1本に対して食用花を小さじ2杯分入れる。さきほど混ぜた液体は最後に注ぐ。固まるまで4〜6時間凍らせる。

できあがったら容器を軽く熱湯に浸けると、パレタがスルッと抜けますよ。

Written byFood52
Top photo: © Julia Gartland
Licensed material used with permission by Food52
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
氷を歯で砕くのがあんまり好きじゃない人でも、このソフトタイプの氷なら噛み砕きたくなるはず!しかも溶けにくいから最高です。
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...
暑い日に欲しくなるのがアイス。でもどんなに日差しが強くても、どんなに体を冷やしたくても、絶対に食べたくないアイスがあるんです。台湾の大学生グループ「100...
春から初夏にかけて、夏ほどじゃなくても、少し動けばじんわりと汗をかく。家事中とか、通勤中とか、買い物中とか。少しだけ、少しだけでいいから、クールダウンしたい。
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
アボカドだけでは濃厚なまま、そこにヨーグルトを加えることで、もったりからなめらかな口当たりに。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...