心にやすらぎをもたらす「コルカタの花売り」。

彼らは、インド4大都市のひとつ、コルカタで花を売っている。

写真家Ken Hermannが、「ちょっと写真を撮らせてよ」とお願いすると、「その数分、逃したぶんの売り上げを払うならいいよ」と答えたそう。

この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている「Mullick Ghat Flower Market」。たった数分でも、歩いていれば売れるのだろう。お客さんがごった返して、歩行が困難になってしまう時間帯もある模様。

彼らの文化において、「花」はとても重要なもの。神仏へのお供え、伝統的な儀式から、お祭りやカジュアルなパーティーまで、色とりどりの花が使われている。

ヒンドゥー教では、とくに「マリーゴールド」は縁起がいいとされているため、どんな場面でも欠かせない大切な存在だ。

混然とした灰色のなかに
優しさを宿す

このマーケットには、毎日2,000人の花売りがいるという。マリーゴールド以外にも、お祝いごと用なのか、ピンクや青の花束をもつ男性も。

ゴミの多い道ではあるけれど、彼らが花を広げたり、売り歩くことで、この場所は色とりどりに染まっていく。

コルカタは、マザーテレサが愛した街。貧困がひどく、病気の人や家のない人たちを助けるため、彼女は命が尽きるまでこの街の人々に寄り添い続けた。

当時建てられた施設は、今でも多くのボランティアスタッフによって運営が続いているけれど、未だ病気、餓死、麻薬、犯罪など、深刻な問題を数多く抱えている。人身売買や、誘拐などの被害者が集まるソナガチ区は、「最悪な風俗街」としても知られている。

悪臭を放つ地区が多いなかで、唯一とも言える“花の香りが充満する場所”をつくる彼らは、心にやすらぎをもたらす存在に思える。

Licensed material used with permission by Ken Hermann, (instagram)
他の記事を見る
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
献花による深刻な水質汚染を改善するために、立ち上がったのが『HELP US GREEN』。彼らによると、国内には少なくとも60万以上の寺院があり、毎日献花...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
ここに一つ感動的な動画を紹介します。ニューヨークの地下鉄で、花を売る女性。1輪1米ドル(120円ほど)で売っていたところ、ある男性が彼女に話しかけます。「...
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
SNSで「#backthebluebonnetschallenge」のハッシュタグを検索すると、ブルーボネットのお花畑でポーズをとる米テキサス州の警察官た...
想像に難くないのですが、彼は酔っ払っていたとのこと。
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...