ニューヨーク中のゴミ箱を「美しい花」がジャック!?

ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。

何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。

「花の生命力ってすごいだろ?」

街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、Lewis Millerさん。

ゴミ箱ということを忘れてしまうほどに綺麗に飾られた花を見ていると、例えば忙しい通勤時だとしても、自然と穏やかな気持ちになれそうです。

「自然の美しさを街のなかに取り入れたい、って思ったのがきっかけかな。僕はいつも、見る人の感情に訴える仕事をしたいって考えているんだ。

花の生命力って、見ている人を元気にしてくれるだろ?

そのパワフルさを感じてもらいたかったし、それによってみんなが癒やされたり、明るい感情を抱いてくれたらいいな、と思うよ」

ゴミ箱だけではなく
こんな場所にも。

たとえば銅像や、

オブジェにも。

NYセントラルパークの、ジョン・レノン記念碑にも。

町全体を明るくする
きっかけに。

いつも目にしているものが、花飾りの力によってまったく新しいものに見えてきます。「花を通して、人々の感情に訴えていきたい」と語る、Lewisさん。プロジェクト名もまさに「Flowers for the People」。

美しい花は人の心を癒やしてくれますし、きれいな街づくりをしたいという気持ちも湧いてくるでしょう。Lewisさんの活動は、次第に街全体を明るく美しくしていくきっかけになるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Lewis Miller Design
ニューヨーク市で1930年代から使用されているゴミ箱がこの度リニューアルされることとなった。新しいゴミ箱は軽量化を実現し労働者にやさしい設計。またリサイク...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...