ニューヨーク中のゴミ箱を「美しい花」がジャック!?

ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。

何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。

「花の生命力ってすごいだろ?」

街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、Lewis Millerさん。

ゴミ箱ということを忘れてしまうほどに綺麗に飾られた花を見ていると、例えば忙しい通勤時だとしても、自然と穏やかな気持ちになれそうです。

「自然の美しさを街のなかに取り入れたい、って思ったのがきっかけかな。僕はいつも、見る人の感情に訴える仕事をしたいって考えているんだ。

花の生命力って、見ている人を元気にしてくれるだろ?

そのパワフルさを感じてもらいたかったし、それによってみんなが癒やされたり、明るい感情を抱いてくれたらいいな、と思うよ」

ゴミ箱だけではなく
こんな場所にも。

たとえば銅像や、

オブジェにも。

NYセントラルパークの、ジョン・レノン記念碑にも。

町全体を明るくする
きっかけに。

いつも目にしているものが、花飾りの力によってまったく新しいものに見えてきます。「花を通して、人々の感情に訴えていきたい」と語る、Lewisさん。プロジェクト名もまさに「Flowers for the People」。

美しい花は人の心を癒やしてくれますし、きれいな街づくりをしたいという気持ちも湧いてくるでしょう。Lewisさんの活動は、次第に街全体を明るく美しくしていくきっかけになるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Lewis Miller Design
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
「ZitA」には、モーションセンサーが搭載されている。ゴミを捨てようと手を近づければ、勝手にフタが開き、その3秒後に閉まるデザイン。自動で開閉するのが最大...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
ここに一つ感動的な動画を紹介します。ニューヨークの地下鉄で、花を売る女性。1輪1米ドル(120円ほど)で売っていたところ、ある男性が彼女に話しかけます。「...
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
あこがれの街。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...