フラワーアレンジメント

結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
カナダのブリティッシュ・コロンブアや米ワシントン州の海岸線に広がる海のことを「Salish Sea」と呼びます。自然豊かな島々が点在し、豊かな生態系が維持...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
秋から冬に近づくにつれて、気温も下がり、人によってはポッカリと心に小さな穴が開いた気分になるかもしれません。人恋しくなったり、不安になりやすかったり、物悲...
フラワーティーって知ってますか?お湯を注ぐとゆっくりとポットの中で花が開いていく、中国茶の一種。見た目に美しいだけでなく、香りや味わいも多種多様です。フラ...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
何年か前、大阪御堂筋に並ぶ銅像の何体かが、一夜にして赤い服をまとっていたという珍事が起きた。誰かが洋服を着せたいたずらだが、らくがき同様、日本では勝手に衣...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...
しばらく旅に出る直前、知人と食事をとっていたら、飛行機の中は冷えるからとストールを受け取ったことがあり、なんて気が利いているのだろうと驚いたことがあります...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。