上海の夜に咲く鮮やかなデジタルフラワーガーデン

デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。

舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地周辺は人気デパートやショッピングモールが集中する繁華街。デジタルによって咲き乱れる庭園をひと目見ようと、連日たくさんの人々が詰めかけているようだ。

繁華街のど真ん中で楽しむ
中国・春の訪れ

夜景に溶け込んだデジタルのつぼみが、上海の肥沃な土壌に花を咲かせる。

屋上に出現した600㎡のフラワーガーデンを自在に歩き回る人々。まばゆく映し出される花々は、アフリカンリリー、ラン、つばき、ピーチツリーフラワーズなど。いづれも中国の春を象徴する品種だとか。次々と大輪の花が咲き変わっていく様子は思わず息を飲むほどの迫力だ。

春の訪れを前にして、上海でアートでユニークなお花見を楽しむのもありかもしれない。この鮮やかなデジタル庭園が見られるのは、2017年3月19日まで。

Licensed material used with permission by Photo : miguel chevalier, Film : Claude Mossessian
他の記事を見る
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はな...
上海の住宅街に建つ幼稚園「∞kindergarten」は、その名の通り、上空から見ると「∞」の形。「∞」の内側にも外側にもグラウンドがあり、スペースを有効...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープン...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。