床一面が万華鏡!ロンドン北部の町に出現したインタラクティブな巨大カーペット

実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はなかったかもしれない。

デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエ。彼のスケールはとにかくデカい。

うごめくピクセルの床
「魔法の絨毯」がオモシロい

A2434d0ce9aa9e3e2224d2b7d480905c9072b5d26cf9eb3ca078851a48b23eefffe64a9fad36a89e

2016年7月、ロンドン北部の街ミルトン・キーンズで開催された「ミルトン・キーンズ・インターナショナル・フェスティバル」、その会場の床一面1,200㎡を“光のカーペット”が埋め尽くした。

人が歩けば、床に映し出された映像も波紋のように動く。パターンが変われば色彩も変化する。さらに、彼らが手にする銀のボールに秘密あり。アルミニウムの球体が音楽を感知するセンサーとなり、音を奏でながら床面の映像に変化を与える仕組みだ。

こうして、光と音と動きが連動した巨大な万華鏡ができあがる。この大掛かりなインスタレーションを仕掛けた人物こそ、デジタルアート、ヴァーチャルアートの“パイオニア”と讃えられるシュヴァリエだ。

「エルメス」のエキシビジョン
デジタル・アートで協力

A24ec8d86f9ed61767fc2330d9544ee3d518c5e9

彼の名前を聞いてピンときた人は、ファッショントレンドに造詣が深い証拠。数年前、フランスの老舗メゾン「エルメス」から発売された、ちょっぴりギークなデジタル柄ヘヴィツイルタイの発表記念イベントに、シュヴァリエのデジタルインスタレーションを体験できるブースが東京・大阪に登場した。もちろん、モチーフはデジタル柄だ。

シュヴァリエは1980年代より、液晶ディスプレイやホログラフィックイメージを用いた芸術表現をスタート。近年は数十台のプロジェクターを用いて、歴史的建造物に投影するプロジェクションマッピングやインスタレーションをアートワークにした活動を精力的に続けている。

2014年にはイタリア南部プーリア州の古城で、2015年には英ケンブリッジ大学のチャペル内で、歴史とテクノロジーを調和させたデジタル・インスタレーションで人々を“光の万華鏡”の中に誘い込む。

Cb466e0dea277f9b6c803b977e9f4a5ae9c701eeEd4eb322121148ac45821f1c0739ea0cb7a298b644015a263bc3379946f64284a660c0c90832c981A7a6479d39000023bcbedd0c8a18c59c8cb8978dC9300b0431c42f13be27110e8151d9289a9d09aeD3bc490237462624a2c40b02815fed41eea6059fD8866aea1900fac8fb27f1e762bd62546db4916428625854de2a5833fbf4efa3266380462d0aa6192a1f10a791fa5ab2ca8a59ecdb1d61cf519db18a

「僕はいつも自分自身にこう問いかけるんだ。自分は技術者なのかそれともアーティストなのかって。でも、それらを同時に行っているとは、本当のところ誰にも分からないのさ」。

技術革新はビジュアルアートシーンに多大なる変革をもたらした、とシュヴァリエ。けれど、つねに変換され、それに適応できる柔軟さが求められるとも。人工的な森羅万象は姿形を変えながら、結合してはまた離れ、まるで生命を宿しているようにも思えてくる。

Licensed material used with permission by Claude Mossessian, Miguel Chevalier
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
サンフランシスコに住むデジタルアーティストのTed Chinさんは、思うように旅に出かけられない代わりに、写真とデジタルアートを組み合わせて「自分だけの目...
部屋一面に、無数の人が並んでいる。コーヒー片手に歩く人、写真を撮っている旅行者、犬の散歩をしている人…。サイズは、大小さまざまだ。これは、ロンドン在住のア...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...