床一面が万華鏡!ロンドン北部の町に出現したインタラクティブな巨大カーペット

実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はなかったかもしれない。

デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエ。彼のスケールはとにかくデカい。

うごめくピクセルの床
「魔法の絨毯」がオモシロい

2016年7月、ロンドン北部の街ミルトン・キーンズで開催された「ミルトン・キーンズ・インターナショナル・フェスティバル」、その会場の床一面1,200㎡を“光のカーペット”が埋め尽くした。

人が歩けば、床に映し出された映像も波紋のように動く。パターンが変われば色彩も変化する。さらに、彼らが手にする銀のボールに秘密あり。アルミニウムの球体が音楽を感知するセンサーとなり、音を奏でながら床面の映像に変化を与える仕組みだ。

こうして、光と音と動きが連動した巨大な万華鏡ができあがる。この大掛かりなインスタレーションを仕掛けた人物こそ、デジタルアート、ヴァーチャルアートの“パイオニア”と讃えられるシュヴァリエだ。

「エルメス」のエキシビジョン
デジタル・アートで協力

彼の名前を聞いてピンときた人は、ファッショントレンドに造詣が深い証拠。数年前、フランスの老舗メゾン「エルメス」から発売された、ちょっぴりギークなデジタル柄ヘヴィツイルタイの発表記念イベントに、シュヴァリエのデジタルインスタレーションを体験できるブースが東京・大阪に登場した。もちろん、モチーフはデジタル柄だ。

シュヴァリエは1980年代より、液晶ディスプレイやホログラフィックイメージを用いた芸術表現をスタート。近年は数十台のプロジェクターを用いて、歴史的建造物に投影するプロジェクションマッピングやインスタレーションをアートワークにした活動を精力的に続けている。

2014年にはイタリア南部プーリア州の古城で、2015年には英ケンブリッジ大学のチャペル内で、歴史とテクノロジーを調和させたデジタル・インスタレーションで人々を“光の万華鏡”の中に誘い込む。

「僕はいつも自分自身にこう問いかけるんだ。自分は技術者なのかそれともアーティストなのかって。でも、それらを同時に行っているとは、本当のところ誰にも分からないのさ」。

技術革新はビジュアルアートシーンに多大なる変革をもたらした、とシュヴァリエ。けれど、つねに変換され、それに適応できる柔軟さが求められるとも。人工的な森羅万象は姿形を変えながら、結合してはまた離れ、まるで生命を宿しているようにも思えてくる。

Licensed material used with permission by Claude Mossessian, Miguel Chevalier
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
先日提供が開始された「VUniverse」は多数のストリーミングサイトを統合したプラットフォームアプリ。このアプリ使えば、あなたが視聴可能なすべての選択肢...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
インペリアル・カレッジ・ロンドンとスタートアップ企業の「Arborea」がタッグを組み、大気汚染の軽減に一役買うと期待される「BioSolar Leaf」...
7月18日〜24日の間、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱら」で「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」が開催されることになった。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
米アニメスタジオ「ピクサー」が、ゲイカップルを主役としたアニメーション短編作品『Out(アウト)』を公開。「ピクサー」史上初となる“LGBTQを主人公にし...
今もっともオモシロいストリップクラブは「Lucky Devil Lounge」だ。少し前はダンサーが料理を届ける「Lucky Devil Eats」で話題...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
葬儀のイメージを払拭する、今、ロンドンで話題の葬儀場「Exit Here」。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
大気汚染対策のためロンドン市内に設けられた超低排出ゾーン(ULEZ)。これにより注目されているのが「Bikes for Business」。ロンドン交通局...
ロンドンに建設予定の型破りなインフィニティプール「Infinity London」が話題になっています。特筆すべきはそのロケーション。200m以上もの高さ...
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...