ロンドンの広場に現れた「光り輝く庭」の正体とは?

3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。

じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるのです。黄色く光り輝くこの花畑は「Garden of Light(光の庭)」と名付けられ、パターノスター広場だけでなく、イギリス国内をロンドンからエジンバラ、ベルファストへと転々としました。

光の庭に込められた
「願い」とは?

D26e477f074abcc7db1420500e64ee9e617fb811

このプロジェクトは、末期の病気と闘う人をサポートする「マリー・キュリー」という団体が制作したもので、キュリー研究所が「ガン撲滅運動のシンボル」として黄スイセンを使っていたこと、に由来しています。

ちなみに、この活動は「Great Daffodil Appeal」という募金活動の一環でもあるそうです。

マリー・キュリー大使のフランキー・ブリッジさんが、左胸に付けているスイセンのピンバッチを買うことによって寄付できます。こうして集められたお金は、この団体の9つのホスピスや、ご家庭で末期の病気と闘っている人々のために利用されるそうです。

627084b04b0885eadba4e257d63f3e4a7b78fe0f

また、花びらにメッセージを書き「Memory Wall」という壁に貼り付けることで、愛する人への思い出を残すことも。

75dfbf190bdea1970bbf4d796f060a25558ddd5c

2,000本の花は
2,000人の看護師を意味する

3edb2ef05523d9575b91791bcfbbefe4dfa25438

この造花を作成するのには、6ヶ月もかかったそう。花は全部で2,100本あり、団体で働く2,000人を超える看護師たちを表しています。

夜になりその花が輝くのは、看護師たちが患者たちにとっての暗い時間を、明るく照らす存在だから。

9bb23f9bfeb6b28cc00538ccde786a4dbfdbd115

光輝く綺麗なスイセンは、看護師たちにも患者たちにも癒しを与えてくれる存在になるでしょう。

Licensed material used with permission by Marie Curie
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
西ヨーロッパのハブ空港である、ロンドン・ヒースロー空港を利用する機会は数あれど、「イギリスだから」を理由に食事に期待したことはないという人も多いのでは? ...
独断と偏見でピックアップしました。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。