ロンドンの広場に現れた「光り輝く庭」の正体とは?

3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。

じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるのです。黄色く光り輝くこの花畑は「Garden of Light(光の庭)」と名付けられ、パターノスター広場だけでなく、イギリス国内をロンドンからエジンバラ、ベルファストへと転々としました。

光の庭に込められた
「願い」とは?

このプロジェクトは、末期の病気と闘う人をサポートする「マリー・キュリー」という団体が制作したもので、キュリー研究所が「ガン撲滅運動のシンボル」として黄スイセンを使っていたこと、に由来しています。

ちなみに、この活動は「Great Daffodil Appeal」という募金活動の一環でもあるそうです。

マリー・キュリー大使のフランキー・ブリッジさんが、左胸に付けているスイセンのピンバッチを買うことによって寄付できます。こうして集められたお金は、この団体の9つのホスピスや、ご家庭で末期の病気と闘っている人々のために利用されるそうです。

また、花びらにメッセージを書き「Memory Wall」という壁に貼り付けることで、愛する人への思い出を残すことも。

2,000本の花は
2,000人の看護師を意味する

この造花を作成するのには、6ヶ月もかかったそう。花は全部で2,100本あり、団体で働く2,000人を超える看護師たちを表しています。

夜になりその花が輝くのは、看護師たちが患者たちにとっての暗い時間を、明るく照らす存在だから。

光輝く綺麗なスイセンは、看護師たちにも患者たちにも癒しを与えてくれる存在になるでしょう。

Licensed material used with permission by Marie Curie
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
乳首をモチーフにしたブローチなどを販売している「Pretty Ugly」。以前、Free the Nippleというムーブメントが盛んだった頃に注目されま...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
手掴みでロブスターを丸ごと1匹味わえる原宿で話題のシーフードダイニングCatch the Cajun Seafood〒150-0001 東京都渋谷区神宮前...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。