「ムスリムもクリスチャンも一緒。ちょっとヒゲが濃いだけさ」

イスラム教やムスリムに対して嫌悪感を示す「イスラモフォビア」。この宗教的偏見をなくすために奮闘するアーティストライターがいます。

多くの人が何かしなければいけないと考えてアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人を笑わせることでイスラモフォビアをなくす」というものでした。

Humza Arshadさん自身もムスリム。人々の心の中にある偏見を変えたいという想いで、そのステレオタイプを過剰に表現して、揶揄することに。

ネガティブな考えを笑いにすることで、どんなことをしたいのかを聞いてみたところ、彼は快く答えてくれました。

ムスリムに対する偏見をバカにすることで、楽しんでもらうことはもちろん、身近な存在にも感じてほしいんだ。

僕たちは特別な人じゃない。クリスチャンと同じ人間だよ?普通の食事をするし、息だって吸う。ただ、違うのはちょっとヒゲが濃いことだけなんだ(笑)」

彼の願いは多くの人に届き、動画の再生回数は合計8,000万回を超えたそう。また、学校などで公演をすることも。なんと、BBCの製作するドラマの主演にも抜擢されたようですよ。

Reference:CNN
Licensed material used with permission by Humza Productions
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
クリスマスで賑わう英レスターのショッピングモールに現れた、ポップアップストア「Mo Bros」。店員はみなサンタクロースと見まごうヒゲをたっぷり蓄えた店員...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
この考え、実は日本人とも繋がるところがあると思う。
グルーミングに対する意識の高い欧米。もちろん日本でも「整える」は常識。でも、それ以上に魅せるヒゲをアレンジするなら、輝くヒゲはどうだろう。クリスマス、忘年...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
レバー好きという人でも、レパートリーに偏りが出てしまうのがこの食材。炒めたり、煮込んだり、揚げたりしてみても、他のお肉ほどにはバリエーションが出にくいもの...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.48
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
ある日、カリフォルニア市内がヘンテコなポスターでジャックされました。もちろん、これらは全部がフェイク。有名人や企業を勝手に使って、ちょっと行き過ぎでしょ!...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
「Elite Daly」で、恋愛相談コーナー(エロ多め)を持つ、女性ライターGigi Engle氏。このたび、「ヒゲ男子」の魅力を、彼女らしい“性の視点”...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
独創的でハイセンスな唯一無二のひげ、ヒゲ、髭。テキサス州オースティンで開催された「世界ひげコンテスト2017」。もはやアートの域に達した、造形物のようなご...