「ムスリムもクリスチャンも一緒。ちょっとヒゲが濃いだけさ」

イスラム教やムスリムに対して嫌悪感を示す「イスラモフォビア」。この宗教的偏見をなくすために奮闘するアーティストライターがいます。

多くの人が何かしなければいけないと考えてアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人を笑わせることでイスラモフォビアをなくす」というものでした。

Humza Arshadさん自身もムスリム。人々の心の中にある偏見を変えたいという想いで、そのステレオタイプを過剰に表現して、揶揄することに。

ネガティブな考えを笑いにすることで、どんなことをしたいのかを聞いてみたところ、彼は快く答えてくれました。

ムスリムに対する偏見をバカにすることで、楽しんでもらうことはもちろん、身近な存在にも感じてほしいんだ。

僕たちは特別な人じゃない。クリスチャンと同じ人間だよ?普通の食事をするし、息だって吸う。ただ、違うのはちょっとヒゲが濃いことだけなんだ(笑)」

彼の願いは多くの人に届き、動画の再生回数は合計8,000万回を超えたそう。また、学校などで公演をすることも。なんと、BBCの製作するドラマの主演にも抜擢されたようですよ。

Reference:CNN
Licensed material used with permission by Humza Productions

関連する記事

イスラム教徒(ムスリム)にとって、「『豚を食べない』『お酒を飲まない』は壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの」です。
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
イスラム教徒(ムスリム)は「与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だと...
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
ラマダンとは、五行六信のうちのひとつである断食をおこなう月で、ムスリムにとっては一大行事。食べないことは辛くないのか?など、ムスリムのラハマリア・アウファ...
ムスリムにとっての礼拝とは、定められた時間におこなう1日5回の義務。“心の食事”のようなものと語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なこと...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
YouTubeのトレーニング動画を共有して友だちと一緒にトレーニングできるサービス「co-train.space」が話題。
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
Stephanieさんはシドニーで生まれた、現在16歳の女性。ヒジャブを被ったバレリーナとして知られている。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
米国大手新聞社「ニューヨーク・タイムズ」は今月21日に発行した1面を黒いドットで埋めた。ある程度の規則性を持ちながら打たれた砂嵐のように見える黒いドットは...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...