ヒジャブを着けると、気持ちが楽になるんですよ

今、ムスリムは世界に19億人もいると言われている。とはいえ、日本に暮らす僕たちは、まだまだ彼らのライフスタイルを具体的には分かっていない。

そこで、ムスリムとの距離感を縮めるために、東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんにお話を聞くことに。もちろん、彼女もイスラム教を信仰するひとりだ。

ムスリムに聞いてみたいと思ったことはあるけど、正直、聞きづらい……そんなアレコレについて教えてもらった。

第1回目のテーマは「ヒジャブ」。

【ヒジャブの役割】
神秘のベールで美しさを包み隠す

ヒジャブの役割とは?
©ラハマリア・アウファ・ヤジッド

イスラム教を信仰する女性は、髪や肌を隠さなければならない──。こんな話を耳にしたことがあるのでは?

「ヒジャブは女性に対する抑圧だ!」などと思われがちなんですけれども、まったくそんなことはないんですよ。

そもそも、なぜヒジャブをしなければならないのか?

答えは“むやみやたらに男性を誘惑しないようにする”です。つまり、あえて美しさを隠しているんです。

クルアーンにはこうした理由とともに教えが書かれていて、私たちはそんな神様からのメッセージを信じているのです。

じつはこのヒジャブ、女性だけに限った概念ではありません

女性はヒジャブをして、自分の美しさを覆い隠しますが、一方で男性はそんな女性に対して、敬意の気持ちをもって接していくことが大事なのです。

男性には「目のヒジャブ」という概念があり、視線を下げて貞節を守る教えがクルアーンに書かれています。そして、男性の容姿に関しても、タンクトップや短パンといった露出の多い格好は控えるように求められています。

肌や髪の露出がいけないからといって、自由ではなくなるか?と言われると、全然そんなことはないんです。

ヒジャブの色や生地、巻き方に指定はないので、その日の気分や、あとはTPOに適したスタイルにする。もう、髪型と同じノリですよ。

ただ、違うなと思うのは、自分から過度に「美しさ」をひけらかさないところですかね。

肌を隠すことだって、全然苦じゃないです。

あと、日本では体型を主張しない「オーバーサイズ」がトレンドなので、うまいことイスラムの教えに重なっている部分もあるんです。

ちなみに、私は帽子を組み合わせたスタイルが好きで、バケットハットやベレー帽、ニット帽など、たくさんのコレクションがあります。

ヒジャブ──。それは物理的に女性の肌や髪を隠すだけにとどまらず、思考や言動をも慎しみ深いものにしてくれるのです。

そうすることで、女性の美しさと魅力がより尊いものになります。女性というのは、神様がつくった何よりも美しい生き物だから。

私たち男女がお互いにその本質を理解していれば、見た目の美しさにとらわれすぎないことこそが女性を幸せにするってわかる。さらに、男女の共存する世界における“理想のかたち”だとも思っています。

気持ちが本当に楽になるんですよ、ヒジャブって。

ラハマリア・アウファ・ヤジッド

インドネシア人の両親をもつ、東京都出身のクリエイター。ヒジャブを使ったモデストファッションを提案し、東京らしいセンスを取り入れたメイクやファッションをInstagramを中心に発信している。スタイリングアドバイザーとしても活躍中。

【Instagram】https://www.instagram.com/aufatokyo/

 

イスラム教をもっと知る!

↓↓ CLICK ↓↓

Top image: © ラハマリア・アウファ・ヤジッド

関連する記事

ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
画期的なリユーザブルボトル「Origami Bottle」が登場した。ボトル形状では高さ21cmの大容量ながら折りたたむと5.5cmの超コンパクトサイズに!
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
イスラム教徒(ムスリム)にとって、「『豚を食べない』『お酒を飲まない』は壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの」です。
ムスリムにとっての礼拝とは、定められた時間におこなう1日5回の義務。“心の食事”のようなものと語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なこと...
イスラム教徒(ムスリム)は「与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だと...
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
Nor Dianaさん(リングネーム:Phoenix)は、マレーシア出身のヒジャブを被るプロレスラー。2019年7月6日には、男子プロレスラーも参加する同...
12月10日、「NIKE」が女性のためのコレクション「ナイキ・ヴィクトリー・スイム・コレクション」を発表した。特筆すべきは水泳用ヒジャブウェアが販売される点だ。
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
食と礼拝の不安がない、イスラム教徒が安心して泊まれる宿泊施設「Jesly Villa Tokyo」は9月10日オープン。
Stephanieさんはシドニーで生まれた、現在16歳の女性。ヒジャブを被ったバレリーナとして知られている。
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
イスラモフォビアに対して、多くの人がアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人...
7月22日、ソマリア系アメリカ人でムスリムモデルとして知られているハリマ・アデンが、自身のInstagramアカウントにて、今年も水着モデルになったことを発表。
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
韓国の国防省が、来月から菜食主義者とイスラム教徒のために肉とハムを除いたヴィーガン食の提供を開始すると発表。2月からは、兵役判定検査の際に菜食主義者である...
10月初旬、一般社団法人「ベジフード協会」(大分市)は、日本初となる「ムスリム自販機」を大分市内の「高崎山自然動物園」内に設置した。
最近どんどんと女性解放が進んでいるサウジアラビアでは、ランニングやサイクリングなどで使える運動用アバヤが販売されています。
アラブ首長国連邦を構成する1つ、シャルジャに光り輝くモスクがあらわれました。位置としてはドバイから車で30分ほど移動したところにあります。
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...