ヒジャブを着けると、気持ちが楽になるんですよ

今、ムスリムは世界に19億人もいると言われている。とはいえ、日本に暮らす僕たちは、まだまだ彼らのライフスタイルを具体的には分かっていない。

そこで、ムスリムとの距離感を縮めるために、東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんにお話を聞くことに。もちろん、彼女もイスラム教を信仰するひとりだ。

ムスリムに聞いてみたいと思ったことはあるけど、正直、聞きづらい……そんなアレコレについて教えてもらった。

第1回目のテーマは「ヒジャブ」。

【ヒジャブの役割】
神秘のベールで美しさを包み隠す

ヒジャブの役割とは?
©ラハマリア・アウファ・ヤジッド

イスラム教を信仰する女性は、髪や肌を隠さなければならない──。こんな話を耳にしたことがあるのでは?

「ヒジャブは女性に対する抑圧だ!」などと思われがちなんですけれども、まったくそんなことはないんですよ。

そもそも、なぜヒジャブをしなければならないのか?

答えは“むやみやたらに男性を誘惑しないようにする”です。つまり、あえて美しさを隠しているんです。

クルアーンにはこうした理由とともに教えが書かれていて、私たちはそんな神様からのメッセージを信じているのです。

じつはこのヒジャブ、女性だけに限った概念ではありません

女性はヒジャブをして、自分の美しさを覆い隠しますが、一方で男性はそんな女性に対して、敬意の気持ちをもって接していくことが大事なのです。

男性には「目のヒジャブ」という概念があり、視線を下げて貞節を守る教えがクルアーンに書かれています。そして、男性の容姿に関しても、タンクトップや短パンといった露出の多い格好は控えるように求められています。

肌や髪の露出がいけないからといって、自由ではなくなるか?と言われると、全然そんなことはないんです。

ヒジャブの色や生地、巻き方に指定はないので、その日の気分や、あとはTPOに適したスタイルにする。もう、髪型と同じノリですよ。

ただ、違うなと思うのは、自分から過度に「美しさ」をひけらかさないところですかね。

肌を隠すことだって、全然苦じゃないです。

あと、日本では体型を主張しない「オーバーサイズ」がトレンドなので、うまいことイスラムの教えに重なっている部分もあるんです。

ちなみに、私は帽子を組み合わせたスタイルが好きで、バケットハットやベレー帽、ニット帽など、たくさんのコレクションがあります。

ヒジャブ──。それは物理的に女性の肌や髪を隠すだけにとどまらず、思考や言動をも慎しみ深いものにしてくれるのです。

そうすることで、女性の美しさと魅力がより尊いものになります。女性というのは、神様がつくった何よりも美しい生き物だから。

私たち男女がお互いにその本質を理解していれば、見た目の美しさにとらわれすぎないことこそが女性を幸せにするってわかる。さらに、男女の共存する世界における“理想のかたち”だとも思っています。

気持ちが本当に楽になるんですよ、ヒジャブって。

ラハマリア・アウファ・ヤジッド

インドネシア人の両親をもつ、東京都出身のクリエイター。ヒジャブを使ったモデストファッションを提案し、東京らしいセンスを取り入れたメイクやファッションをInstagramを中心に発信している。スタイリングアドバイザーとしても活躍中。

【Instagram】https://www.instagram.com/aufatokyo/

 

イスラム教をもっと知る!

↓↓ CLICK ↓↓

Top image: © ラハマリア・アウファ・ヤジッド

関連する記事

ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
明日3月2日(火)、大阪・北堀江にアースフレンドリーで楽しいブランドを独自にセレクトしたショップ「Fav_Our_Planet(ファヴ・アワ・プラネット)...
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...