ラマダンは、控えめに言っても最高

今、ムスリムは世界に19億人もいると言われている。とはいえ、日本に暮らす僕たちは、まだまだ彼らのライフスタイルを具体的には分かっていない。

そこで、ムスリムとの距離感を縮めるために、東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんにお話を聞くことに。もちろん、彼女もイスラム教を信仰するひとりだ。

ムスリムに聞いてみたいと思ったことはあるけど、正直、聞きづらい……そんなアレコレについて教えてもらった。

第3回目のテーマは「ラマダン」。

【ラマダンの意義】
善行ポイント倍化キャンペーン

ラマダンの意義とは?
©ラハマリア・アウファ・ヤジッド

ラマダンは、控えめに言っても最高

年に1度訪れる約1ヵ月間の断食期間「ラマダン」──。五行六信のうちのひとつである断食をおこなう月で、ムスリムにとっては一大行事でもあります。

日が出ている間は飲食を断つ。これは割と知られていると思います。

じつは、その他にも、心身ともに清めるために日中は様々なことを我慢します。例えば、人を欺くことや喫煙すること、性的関係を持つこと……。もちろん、喧嘩もダメ絶対!

欲を抑えて、できるだけ心穏やかになるように努めます。私たちって、せわしない生き物だから、自分の内面と精一杯向き合う機会をなかなかつくれない。つまり、ラマダンとはひと月の忍耐を通して、心身ともに美しくなった自分に出会うための“自分磨きの期間”なのです。

みんなで一緒に磨き上げるんです、ピッカピカに。

よく周りからは「かわいそう」「はやく終わるといいね」と言われるのですが、この期間は本当に喜びに溢れていて、むしろ「終わってほしくない」と思っているムスリムがほとんどじゃないかな。

というのも、期間中は「最善の自分を目指す」という教えがあり、家族や友だちと徳を積む話をして、お互いを高め合ったり、食事を分け与えたり、善いことに時間を費やす努力をします。

そして、ラマダン中はそれらの善行が、普段の何倍も膨らんで右肩の天使に記録されます(ちなみに、左肩にいる天使は悪行の記録係です)。善行の記録が多いほど天国へ行きやすくなるから、頑張るんです。いわゆるスーパーのポイント10倍セールみたいなものだから、みんなこぞって、善いことをするんです。

あと、断食明けの食事(イフタール)は、みんなで集まって食事をするので、本当に賑やか!

普段会えないような友だちに会える機会が増えるし、日の出前の朝(深夜)ごはんも家族と集まって食べる毎日です。共に生きる喜びを分かち合えば、自然と心が安らかになります。

忍耐を通して自分の体や思考を支配していた余計なものや考えが一掃される。

そして、水や食べ物、健康な体……そういうのは当たり前なものではなくて、神様からの恵だと再認識。原点回帰ですよね。生きることは、なんてシンプルなんだろうって。

こんなにも恵に溢れていて、美しい人や自然が広がっている世界を生きれることは、なんて素晴らしいんだろう!とも思える。

ラマダンが終わるたびに、この喜びに溢れた1ヵ月間をまた来年も迎えられるといいなと、毎年願っています。

ラハマリア・アウファ・ヤジッド

インドネシア人の両親をもつ、東京都出身のクリエイター。ヒジャブを使ったモデストファッションを提案し、東京らしいセンスを取り入れたメイクやファッションをInstagramを中心に発信している。スタイリングアドバイザーとしても活躍中。

【Instagram】https://www.instagram.com/aufatokyo/

 

イスラム教をもっと知る!

↓↓ CLICK ↓↓

Top image: © ラハマリア・アウファ・ヤジッド

関連する記事

イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
世界中のイスラム教徒たちが、1ヶ月のあいだ、一切の飲食を絶つ「ラマダン」。今まさにその最中ですが、人々は断食の前(正確に言うと日の出前)何を口にしているの...
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
イスラム教徒(ムスリム)は「与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だと...
ハラーフフードとは、イスラム教において「食べること」が許されている食材。アラビア語で合法を意味する。食べられるものはどれくらいあるのか?など、ムスリムのラ...
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
ムスリムにとっての礼拝とは、定められた時間におこなう1日5回の義務。“心の食事”のようなものと語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なこと...
食と礼拝の不安がない、イスラム教徒が安心して泊まれる宿泊施設「Jesly Villa Tokyo」は9月10日オープン。
7月6日に85歳を迎えるダライ・ラマ14世が、同日、デビューアルバム『Inner Wrold』をリリースすると発表した。チベット仏教のマントラやチャント(...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
結婚式に誰を呼ぶかって、きっと誰でも迷うもの。友だちをたくさん招いて大きなパーティもよし、身内だけでしっぽり祝福するもよし。でもせっかくの晴れの舞台、どう...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...
フルーツや野菜を水につけて楽しむデトックスウォーターの進化系とも言える「フォンダンウォーター」人気の韓国。生ではなくドライフルーツを使うのが特徴ですが、こ...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...