世の中にあるほとんどのものがハラールフードです

今、ムスリムは世界に19億人もいると言われている。とはいえ、日本に暮らす僕たちは、まだまだ彼らのライフスタイルを具体的には分かっていない。

そこで、ムスリムとの距離感を縮めるために、東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんにお話を聞くことに。もちろん、彼女もイスラム教を信仰するひとりだ。

ムスリムに聞いてみたいと思ったことはあるけど、正直、聞きづらい……そんなアレコレについて教えてもらった。

第2回目のテーマは「食事」。

【ムスリムの食事情】
食べることは、生きること

ハラーフフードとは何か?
©ラハマリア・アウファ・ヤジッド

好きな食べ物は、麻婆豆腐と寿司(特にしめさば)。あと、メロンソーダと……プリンです。

イスラム教は「豚」と「お酒」がタブー。とても有名な話ですね。“いろんな人との会話のきっかけランキング”があるなら常にトップ。殿堂入りさせてもいいくらいに有名です。

ムスリムの食事情ですが、その仕組みはいたってシンプルなんですよ。

私たちムスリムは、アラビア語で合法を意味する「ハラール」な食材であれば、食べられます。「ハラール」の逆が、非合法を意味する「ハラーム」。いわゆる豚とお酒がこれに該当します。

もう少しハラールの食材について話をすると、じつは牛肉や鶏肉も“クルアーンの教えに基づいて屠殺されたもの”がハラールなんですよ。

なんだか難しそうに思えるかもしれませんが、要は「ハラーム」なものを避けていればいいんです。

そして、世の中にあるほとんどのものがハラールな食材です!!!!!

もちろん、ハラール認証のついているものは安全ですが、ムスリムは認証のついたものしか食べられないわけじゃない。食の選択肢はたくさんあるんですよ。グルメ大国の日本だとなおさらですね。

私の場合は、食にうるさいから、なんでも食べたい。食べたいものがあったら、あらかじめ原材料をネットで調べたり、電話で問い合わせたりしています(笑)。

だから、普通にカフェやレストラン、お酒は飲まないけれど居酒屋にだって行きますよ。

「豚肉を食べたいと思わないの?」と聞かれることはよくありますが、これは「ヒジャブをはずしたいと思わないの?」と同じような感じですね。もちろん、人間だから欲はあるけれど、信仰を守った時の幸せの方がその欲に勝るから、食べたいと思っても、私はその行動に移しません。

神様が人間として正しく生きるために私たちに教えてくれたのだから、守るんです。

植物も、動物も、空気も、水も、何かひとつでも欠けてしまったら、私たちは健康的に生きていけないのです。決められた肉の屠殺方法があるのは、人間としてありがたみを持ちながら恵をいただくための教えだし。

食べ物の恵って、本当に素晴らしいんですよ。お肉に限らず、口にする全てが生き物。命をいただいているんです。

ムスリムは、毎日、その気持ちを大事にして食事をしています。

ラハマリア・アウファ・ヤジッド

インドネシア人の両親をもつ、東京都出身のクリエイター。ヒジャブを使ったモデストファッションを提案し、東京らしいセンスを取り入れたメイクやファッションをInstagramを中心に発信している。スタイリングアドバイザーとしても活躍中。

【Instagram】https://www.instagram.com/aufatokyo/

 

イスラム教をもっと知る!

↓↓ CLICK ↓↓

Top image: © ラハマリア・アウファ・ヤジッド
ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんはファッションを通して日本におけるイスラム教やムスリムへのイメージを変えようしているクリエイターだ。東京生まれ東京育ちの...
イスラム教の信仰とは? ヒジャブの役割とは? ハラーフフードの定義とは? ラマダンの意義とは? 礼拝の立ち位置とは? イスラム教徒(ムスリム)のラハマリア...
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
イスラム教徒(ムスリム)にとって、「『豚を食べない』『お酒を飲まない』は壮大な人生におけるほんの一部でしかなく、とても小さいもの」です。
インターネット農学校「The CAMPus」が日本初となる「コンパクト農家の育成」に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」の第2期生の募集を開...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
ムスリムにとっての礼拝とは、定められた時間におこなう1日5回の義務。“心の食事”のようなものと語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なこと...
ラマダンとは、五行六信のうちのひとつである断食をおこなう月で、ムスリムにとっては一大行事。食べないことは辛くないのか?など、ムスリムのラハマリア・アウファ...
イスラム教徒(ムスリム)にとって「死」とは? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、ムスリム流の生と死の考え方。
ムスリムにとって「神様(アッラー)」はどんな存在? 東京生まれ東京育ちのクリエイター、ラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに聞く、イスラム教徒の神様についての話。
世界初、完全食のチョコレートが誕生した。各種ビタミンやミネラルなど27種類の栄養素をふんだんに使用し、栄養たっぷりの食材ばかりで作られた「andew」は現...
イスラム教徒(ムスリム)は「与えられた環境において善行を積む最大限の努力をして、どんな結果になろうと感謝さえ忘れなければ、たとえそれが他人からみて失敗だと...
食と礼拝の不安がない、イスラム教徒が安心して泊まれる宿泊施設「Jesly Villa Tokyo」は9月10日オープン。
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
「コールマン」のBBQグリルシリーズの電動ファン付き新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそう。
「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指...
アスレジャーの波は、ムスリムたちにも届いている。「UNDER-RÂPT」は速乾性に優れた機能性素材を使ったスポーツ用ヒジャブなどを製造し、動きやすさも追求...
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
イスラモフォビアに対して、多くの人がアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
10月初旬、一般社団法人「ベジフード協会」(大分市)は、日本初となる「ムスリム自販機」を大分市内の「高崎山自然動物園」内に設置した。