数年前に話題になった「ハラルビジネス」に、あらためて注目してみました

「ハラル」という言葉をご存知でしょうか? アラビア語で「許されている、許可されている」といった意味を持つ言葉で、イスラム教の戒律で認められたものや行動を指します。そして、ハラルビジネスとはイスラム教徒向けの商品やサービスのことです。

世界の人口の4人に1人はイスラム教徒だと言われています。そして、年々イスラム社会は豊かになり、人口も増加しています。

2020年の東京オリンピックを控えた今、インバウンド需要への期待が高まっています。ここで、あらためてハラルビジネスに注目してみたいと思います。

どうやらハラルビジネスは
簡単じゃなさそう

ムスリム

イスラム教徒というと中東のイメージがありますが、東南アジアのマレーシアやインドネシアの国民の多くもイスラム教徒です。そして、彼らにとって日本は比較的近い観光地でもあります。

食文化でもビジネスチャンスを狙うなら、ハラルについて知識を深め、ビジネスにも乗り出すべきという風潮は、数年前からあります。しかし、ことはそう簡単ではないようです。

ハラルの知識として有名なのは「豚を食べない」「アルコールを飲まない」という2点です。単純にそれだけを守るなら一見簡単そうに思えますが、豚肉をさわることも、過去に豚肉を切ったことのある包丁やまな板で調理することすらハラルでは禁じられています。アルコールも、過去に注いだことのあるコップの使用は禁止です。

日本の食品に目を向けてみましょう。みりんはお酒が入っているからダメ。醤油ですらアルコール成分量によっては使用ができません。日本食には酒、みりん、醤油は欠かせない調味料ですから、イスラム教徒向けに日本食を提供するのは、かなり気を使う必要がありそうです。

ここで挙げたのは、ほんの一例ですが、ハラルビジネスを展開するのは簡単ではないということがわかります。

マレーシアやシンガポールでは
国が「ハラルマーク」を発行

さて、イスラム教徒が製品を選ぶ時、ハラルマークがあるかどうかをチェックするのが一般的です。食品などのパッケージを見ればすぐに確認できるようになっており、いちいち成分を調べる手間も省けるようになっているわけです。また、レストランにおいてもハラルマークは役立ちます。

国によってデザインは異なりますが、マレーシアやシンガポール、タイなどでは政府がハラル認証を管理し、ハラルマークを発行しています。日本でもハラル認証を行っている団体もありますが、まだまだ浸透しているとは言い難い状況です。

安心なのは、意外にも
大手ファーストフード店

肉

さらに、マレーシアではハラルマークの表示はもちろん、屋台などではスカーフを巻いた女性でハラルかどうかが分かる目印になることもあるそうです。

高級スーパーではノンハラルの商品はコーナー&レジが別で、店の奥に配置しているから、宗教が違っても安心して買い物ができる配慮がされています。

また、アラブ系のイスラム教徒が人口の約8%と言われているフランスでは、スーパーにもハラルコーナーが多く存在します。ハラル対応レストランももちろん多くありますが、フランスに限らずハラルの人々にとって一番安心なお店と言えば、大手ファーストフードチェーンのお店。アルコール、豚肉を使った商品は取り扱っていないお店が多いので、旅行者などにはよく活用されています。

日本のハラルビジネスに
変化の兆しも!

東京

日本でもハラルビジネスは多くのメディアに取り上げられてはいますが、まだまだ認知度は低く、日本の大手スーパーや外食チェーンなどでハラルの文字を見かけることはなかなかありません。

そんな中、2015年にマレーシア生まれの人気“ハラル”レストランチェーン「ザ・マンハッタンカフェ・フィッシュマーケット」が池袋に上陸しました。こちらのお店は豪華なシーフードがリーズナブルに味わえる、とイスラム教徒以外からも好評です。

また、海外からの留学生が多い大学の学食では、ハラルに対する取り組みが進められているところも。東京大学など、国立大学を中心にハラルメニューが種類も豊富に揃う学食は、宗教が違っても友達と同じ場所で食事を楽しめると留学生に喜ばれているようです。

イスラム教を信仰する人々にとって、まだまだ日本は住みやすい国とは言えませんが、そういった変化が少しずつ現れてきています。

空港ってなぜかワクワクする。そこにしかないお土産や食べ物などがあるから。「空弁」もその1つ。たくさんありすぎて、選ぶだけで迷っちゃう。海の幸づくしの王道も...
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
ちょっと見慣れないデザインの、パスポートケース。モチーフは、アラベスクなどの美しい幾何学模様や、アフガンストールだったりとイスラム文化を連想させつつ、目新...
イスラモフォビアに対して、多くの人がアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
アラブ首長国連邦を構成する1つ、シャルジャに光り輝くモスクがあらわれました。位置としてはドバイから車で30分ほど移動したところにあります。
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
信じる宗教によって、考え方や行動は異なるものです。その差を否定的に捉えることなく、付き合っていくのは難しいことかもしれません。ここで紹介するのは、「違う2...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
食べ過ぎたりやりすぎると“致死量”に達してしまう可能性がある、身近な食べ物や行いを説明している動画を紹介。「そもそもこんなの現実的じゃない」と思うものから...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...