150年前の「東北の文化」が、いま欧米で注目されているらしい。

継ぎはぎだらけのヴィンテージ服。使い古して役に立たなくなった布やボロ切れを使って作られたこの服は、「BORO」と呼ばれている。

日本ではまだあまり馴染みがないが、欧米を中心に海外からの人気が高いらしい。

「ボロ」なのに美しく見える服。

消費されただけの服は「ボロボロ」。でも「BORO」は大切に扱われ、受け継がれてきたからこそ存在する服

個性的なデザインに見えるが、BOROは装飾的に美しくするためだけのデザインではない。

今の時代、破れるまで服を着ることなんてほとんどないが、布が貴重だった150年前の日本ではそれが当たり前のことだったのだそう。

特に東北の寒冷地に住む人たちは、服を丈夫にしてどうにか寒さをしのぐために、小さな布も捨てることなく継ぎはぎをした。 

晴れ着として仕立てられた着物は、縫い直され、汚れを藍や泥で染められ、下着や敷物、雑巾へと姿を変え、最後には端切れに。そんな昔の端切れを集めて作ったのが、BOROなのだ。

装飾的にかっこいいデザインの服は世の中にあふれているが、これは貧しくても昔の人たちが知恵を絞って生まれたクリエイティブなデザインなんだと思うと、なんだかグッときてしまう。

意外と日常着にもハマる。

これまでの写真は、50~150年前の古布を補修して使用している国内アパレルブランド「KUON(クオン)」の服。欧米を中心に海外にも9店舗を構え、世界中から注目を集めている

海外ではアート作品として飾られることも多いそうだが、意外と普段着にもしっくりハマるのだ。

日本の伝統的なファッションって、着物だけじゃないんだなぁ。

Licensed material used with permission by Photo MAKOTO HOSHINO
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
昨日も紹介した中野ブロードウェイ。この日本一マニアックなビルは、サブカルの聖地というだけではなく、古着屋の聖地としての魅力もある。フライトジャケットやブー...
いま、欧米人が注目する「Ikigai(生きがい)」。彼らはそこに何を見出そうとしているのか?
やっぱり年齢を感じさせないファッションスタイルが特徴的ですね。
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...