ファッション業界が抱える問題を象徴したアート

2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんなアートを制作している。

異文化での暮らしが
新たな気づきを与えた

© Kay Wong
© Kay Wong
© Kay Wong

これらのアートをWongさんがつくるようになったきっかけは、2015年の『Young Design Talent Award』の受賞を機に活動拠点をデンマークにうつしたことだ。

「私が感動したのは、生まれ故郷の香港とは異なり、コペンハーゲンの人たちは少ない消費でも充実した生活を送っているということです」

北欧ならではのエコなライフスタイルに共鳴した彼女は、1年間洋服を購入しない生活を送ってみた。

着ているパンツが破れたら直す。不要になったTシャツを古着屋に売る。ドレスをレンタルする。

今では当たり前になっている行為でも、常に新しい洋服を生み出してきたWongさんにとっては、新たな気づきのある1年間だった。

「10年間ファッション業界に身を置いて、ファッションレーベルまで立ち上げました。でも、本当に必要だったのは、新しい洋服ではなく無駄な消費をおさえるシステムだったんです。

そうすれば、ファストファッションビジネスにつきまとう劣悪な労働環境も変えられます」

安い洋服の生産工程で命を落としている人も現実にいる。そんなファッション業界に一石を投じる目的で制作しはじめたのが、このシリーズ「Fashion Anatomy」。

材料は洋服を作るときに出る生地の端切れ。臓器を模しているのは、命の象徴だ。

Top photo: © Kay Wong

関連する記事

Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
アメリカにおける学資ローン問題は深刻である。そんな学資ローン問題に対するアウェアネスを広げるべく、ストリートファッションでアプローチするプロジェクトがロー...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
「University of California, Los Angeles(通称:UCLA)」が管理する研究所「Lawrence Berkeley Na...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
米スタートアップ「Bolt Threads」が開発したキノコ革「Mylo」を使用したファッションアイテムが来年発売予定。「StellaMcCartney」...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
「Amazon.com」の創業者であるJeffrey Preston Bezos(ジェフリー・プレストン・ベゾス)が設立した航空宇宙企業「Blue Ori...
世界的ファッションブランド「Stella McCartney(ステラ・マッカートニー)」が、きのこで作られたレザーを服に応用。このたび服に応用されたのは、...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
フェリシモが展開する、チャレンジド(障がいのある人たち)の個性や能力を活かすプロジェクトCCPがプロデュースしているファッション雑貨のブランド「UNICO...
ファッションマスクの自動販売機「#MASKBOX」が「ラフォーレ原宿」にて、3月1日〜11日の期間限定で登場。30ブランド90種類のデザインマスクが大集合!
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
「Netflix」がオリジナルで制作を手掛けた初となるリアリティファッション番組『ネクスト・イン・ファッション』が公開中。司会にはモデルのアレクサ・チャン...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
サステイナブルな商品を販売し、社会課題やその解決策を発信するべく「サステナブル・ファッション・サークル」が発足。「プレオーガニックコットン」を用いたオリジ...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
“服のかたちをしたメディア”をコンセプトとして、ファッションから社会問題の解決に取り組むブランド「coxco(ココ)」の最新シリーズがお目見え。
「Happy99」はソーシャルメディア上のみで存在するアメリカ発の「バーチャルファッションブランド」。新作発表もバーチャルで発表。バーチャルインフルエンサ...
「イケア」が着手したのは、ヨーロッパのジーンズ廃棄問題。オランダのデニムブランド「MUD Jeans」と提携した新プロジェクトで、古着のジーンズをカバーと...