ファッション業界が抱える問題を象徴したアート

2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんなアートを制作している。

異文化での暮らしが
新たな気づきを与えた

© Kay Wong
© Kay Wong
© Kay Wong

これらのアートをWongさんがつくるようになったきっかけは、2015年の『Young Design Talent Award』の受賞を機に活動拠点をデンマークにうつしたことだ。

「私が感動したのは、生まれ故郷の香港とは異なり、コペンハーゲンの人たちは少ない消費でも充実した生活を送っているということです」

北欧ならではのエコなライフスタイルに共鳴した彼女は、1年間洋服を購入しない生活を送ってみた。

着ているパンツが破れたら直す。不要になったTシャツを古着屋に売る。ドレスをレンタルする。

今では当たり前になっている行為でも、常に新しい洋服を生み出してきたWongさんにとっては、新たな気づきのある1年間だった。

「10年間ファッション業界に身を置いて、ファッションレーベルまで立ち上げました。でも、本当に必要だったのは、新しい洋服ではなく無駄な消費をおさえるシステムだったんです。

そうすれば、ファストファッションビジネスにつきまとう劣悪な労働環境も変えられます」

安い洋服の生産工程で命を落としている人も現実にいる。そんなファッション業界に一石を投じる目的で制作しはじめたのが、このシリーズ「Fashion Anatomy」。

材料は洋服を作るときに出る生地の端切れ。臓器を模しているのは、命の象徴だ。

Top photo: © Kay Wong

関連する記事

Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
アメリカにおける学資ローン問題は深刻である。そんな学資ローン問題に対するアウェアネスを広げるべく、ストリートファッションでアプローチするプロジェクトがロー...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...