SNSで話題の「バンコクの問題児」が伝えたいこと

いつだってトラブルメーカーだ

バンコクを中心にストリートアートを描く、Headache Stencilを説明するには彼自身の言葉が最もしっくりくる。

だけど、アーティビズムが狙うところの社会変化は、政府が頭をかかえるほどのインパクトが必要なのかもしれない。

SNSを賑わせた
「ひとりの兵士」

Banksyの名が世界中に轟いてから、思わず歩みを止めてしまう道端の落書きは、意味のある「ストリートアート」へと昇華した。

ステッカーやTシャツのデザインに採用されるなど、ファッションの一部として取り入れられることもしばしば。メッセージ性のある作品をSNSに投稿することでさえ、今ではトレンドになっている。

Headache Stencilが壁に描いた“ウォーターガンを構える兵士”は、すぐにタイで話題になった。さっそく、話を聞いてみた。

Created by Headache Stencil

クーデターという暴力が
「アート」に目醒めさせた

 

「これはタイの水かけ祭りとして有名なソンクラーンのときに描いた作品だ。水で遊んでいるときに、『軍隊が支配するようになってから4年も経つ』と多くの人に思い出して欲しかった。きっと忘れている人もいるから」

 

Headache Stencilは語ってくれた。そして、2014年にタイで起きた政治変動が彼をストリートアートの道へと歩ませることになったという。

 

「すべてはクーデターが関係している。個人的には嫌いだ。軍隊が軍隊の理由で国民を、さらに国をコントロールするのは道理が通らないと思う。だから、壁に想いを描くようになった

繰り返される歴史に疲れた
国民の「代弁者」

Created by Headache Stencil

2014年に起きたクーデターが5月22日に4年目を迎えるのを機会に、国民は軍事政権に対するデモを起こしている。Headache Stencilのいう「一気に強まった独裁支配によって行なわれている徴兵制」が、抗議を生む一つの理由だ。

 

「徴兵制は自分たちが原因になっている暴力から身を守るようなものだ。国税で買われた武器を持った、いつ攻撃してくるか分からない敵からタイを守っているだけ。最後には、いつも圧倒される。

タイの歴史を学んだら理解できると思う。どの時代でも、彼らは同じ理由でクーデターを起こしている。しかも、突然の暴力による経済的なダメージは大きいし、国も機能しなくなってしまう」

 

そして、SNSによって気軽に世界の情報を得られるようになったため、人は暴力による社会変革は難しいと悟り始めた。

 

「強いて良いことをあげるとするなら、国民がクーデターでは何も変わらないと気づいたことだろう。

多くの人の想いを代弁したカタチがアートになっている。このメッセージはかなり強い」

Created by Headache Stencil

Headache Stencilのアクションには危なっかしい印象を受けるし、公共物を扱うがゆえに違法行為もおこなっている。そのリスクを取ってでも彼が成し遂げたいのは、ストリートアートを使った“意識の覚醒”だ。

 

「政府にとって、俺はいつだってトラブルメーカーだ。だから、Headache(頭痛)と名前に入れている。多くの人には、政治に対する意識をもっと持って欲しい。だんだんと人は忘れやすくなっているから」

Licensed material used with permission by Headache Stencil(Facebook), (Instagram)

<アーティビスト第一弾はコチラ>

Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
世界各国のニュースメディアに動画を配信する「Viral Hog」に投稿された“奇跡の瞬間”をご紹介。快晴の青空をつん裂くように落ちていくものは、いったいな...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...