次の「コラボヨガ」は、バンコクのサイレントディスコ✕ビール!

ひとえにヨガと言っても、動物やSUPとコラボするものなど様々な種類があります。これまで、新しい“変わり種ヨガ”が出るたびに紹介してきました。

そして今回は、バンコク発「Silent Brew Yoga」です!

使用するのはビールとヘッドホン。勘が良い人はもう気づいているかもしれませんが、これつまりビールヨガとサイレントディスコのミックスです。

参加者は自分が好きなジャンルの音楽を選択。時にはビールを飲みながら、時には頭上に瓶を載せながらポージングしていきます。

価格は850バーツ(約2900円)で、飲食代や同スタジオの他のレッスン代も込み。ちなみに、お酒ではなくジュースを選択することも可能なので、バンコクへ行く機会がある人は気楽に参加してみても良いかも。

©2018 Brew Yoga Thailand
©2018 Brew Yoga Thailand
Reference: BK Magazine
Top image: © Brew Yoga Thailand
他の記事を見る
デザイン事務所「SolidSprout」が思い描く、自然とテクノロジーの調和がとれているバンコク。新たな都市計画というものではなく、多くの人に“緑”の大切...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
11月16日、「キングパワーマハナコン」というバンコクの複合施設の最上階に、マハナコンスカイウォークがオープンしました。高さは、東京タワーよりもちょっと低...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
世界各国のニュースメディアに動画を配信する「Viral Hog」に投稿された“奇跡の瞬間”をご紹介。快晴の青空をつん裂くように落ちていくものは、いったいな...
百貨店のリニューアルといえば、2013年に森田恭通が手がけた「伊勢丹新宿店」が記憶に新しい。が、ここで紹介するのはそのインパクトにも負けない新規案件だ。舞...
バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひと...
今や、東南アジアの移動手段で主流になっているのは『Grab』という、マレーシア人の起業家が開発した、ライドシェアサービスのアプリ。存在自体は知っていたけれ...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ホットヨガまではなんとなく付いていけていたけれど、近頃では、ペットヨガ、SUPヨガ、アクロヨガ、ハンモックヨガに絵本ヨガ、こうした“変わり種ヨガ”が次から...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...