白昼のバンコクで撮影された「流れ星」がすごい(動画あり)

世界各国のニュースメディアに動画を配信する「Viral Hog」に投稿された“奇跡の瞬間”をご紹介。快晴の青空をつん裂くように落ちていくものは、いったいなんだ!?

バンコクの青空を切り裂く
流星の閃光

まずは、こちらの動画をご覧いただきたい。30秒すぎ、画面右上から中央に向かって一筋の閃光が、すっと降りてきたと思うと、通りの向こうの建物めがけて一直線。「ああっ!」その間わずか、2秒あまり。

スクリーンショット 2015-10-07 13.52.51

スクリーンショット 2015-10-07 13.53.04

スクリーンショット 2015-10-07 13.53.19

これは、タイの首都バンコクで2015年9月7日に車載カメラから撮影された隕石落下の瞬間を捉えた映像。衛星技術者のPorjai Jaturongkhakunさんは、職場に向かう車の中で、たまたまこの光景に出くわした。流星を夜に観察することはあっても、日中にこれだけの規模で目にすることは、稀と言えるのでは?
専門家の見解もかなりレアとの見方。「流星と見て間違いない。よくあることだけど、今朝のものは特に大きく非常に明るかった」と、タイ国立天文学研究所の顧問のVoravit Tanvuttibundit氏のコメントを「Discovery News」は報じている。

さて、今回の隕石は地上に達する前に燃え尽きたようだが、2013年にはロシアのチェリャビンスク州上空を通過。超音速で大気を通過し、さらならる分裂をおこしたことにより、周辺に人的被害を及ぼし、およそ1,000以上が負傷するといった事例も起きている。
毎年800もの隕石が地球に接近しているらしい。そして、米国宇宙開発局(NASA)では、隕石を追跡し予測する研究を実施しているとか。

 Reference:Discovery News , The New York Times
Licensed material used with permission by Viral Hog

サンフランシスコの企業「Elysium Space(イリジウムスペース)」がこのサービスを運営していて、12月4日には遺灰の入ったカプセルを載せた小型惑星...
世界初の人工流れ星プロジェクト「エールの挑戦」
11月16日、「キングパワーマハナコン」というバンコクの複合施設の最上階に、マハナコンスカイウォークがオープンしました。高さは、東京タワーよりもちょっと低...
バンコク発「Silent Brew Yoga」は、ビールヨガとサイレントディスコのミックス。参加者は自分が好きなジャンルの音楽を選択。そしてビールをすすり...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
デザイン事務所「SolidSprout」が思い描く、自然とテクノロジーの調和がとれているバンコク。新たな都市計画というものではなく、多くの人に“緑”の大切...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
バンコクを満喫するなら夜……は、もう昔。一泊5000円以下のイイ感じのホテルに滞在し、「プールで朝食」するのが幸せな旅姿。「Stable Lodge Ho...
バンコクを満喫するなら夜……は、もう昔。一泊5000円以下のイイ感じのホテルに滞在し、「プールで朝食」するのが幸せな旅姿。それを実感できる「JOSH HO...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
バンコクを満喫するなら夜……は、もう昔。一泊5000円以下のイイ感じのホテルに滞在し、「プールで朝食」するのが幸せな旅姿。利用客の朝が遅い「BED STA...
創業80余年の老舗納豆メーカー「富士納豆製造所」が「大月桃太郎伝説」をテーマにした新感覚エンタメ系納豆を発売。
9月14日(土)〜15日(日)、渋谷区・宇田川町でコスメシリーズ「アーティストリー スタジオ™ バンコク エディション」の発売を記念したポップアップイベン...
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
10月から来年2月まで、カオサン通りでリニューアル工事を行うとバンコク都副知事が発表。これに伴い、通り沿いの店に関するルールも改正されるという。リニューア...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。タイのセブンは、本当にコンビニエンス(便利)!食べ物やお菓子が安くて美味...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
Instagram発、タイのファッションブランド「Daddy And The Muscle Academy」が「ラフォーレ原宿」にてポップアップストアを展...
タイ・バンコクにあるベトナム料理店「Maison Saigon」が実施しているソーシャルディスタンス対策を楽しんでもらう方法のご紹介。
百貨店のリニューアルといえば、2013年に森田恭通が手がけた「伊勢丹新宿店」が記憶に新しい。が、ここで紹介するのはそのインパクトにも負けない新規案件だ。舞...