人工流れ星を夜空に。
「ALE」の挑戦

「2011年にしし座流星群を見て、その美しさに感銘を受けた」

株式会社ALEのCEO・岡島礼奈さんは、もっと多くの人に同じような経験を届けるために「Sky Canvas」というプロジェクトを手がけている。

夜空をキャンバスだと見立て、線を描くように流れ星を流す。つまり、人工的に流れ星を再現する。

すでに1号機の打ち上げに成功し、11月25日に2号機の打ち上げも控えている彼女、ひいては株式会社ALEはどんな想いで困難に立ち向かい、それを乗り越えているのだろうか──。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
サンフランシスコの企業「Elysium Space(イリジウムスペース)」がこのサービスを運営していて、12月4日には遺灰の入ったカプセルを載せた小型惑星...
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。