人工流れ星を夜空に。
「ALE」の挑戦

「2011年にしし座流星群を見て、その美しさに感銘を受けた」

株式会社ALEのCEO・岡島礼奈さんは、もっと多くの人に同じような経験を届けるために「Sky Canvas」というプロジェクトを手がけている。

夜空をキャンバスだと見立て、線を描くように流れ星を流す。つまり、人工的に流れ星を再現する。

すでに1号機の打ち上げに成功し、11月25日に2号機の打ち上げも控えている彼女、ひいては株式会社ALEはどんな想いで困難に立ち向かい、それを乗り越えているのだろうか──。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
サンフランシスコの企業「Elysium Space(イリジウムスペース)」がこのサービスを運営していて、12月4日には遺灰の入ったカプセルを載せた小型惑星...
サウナ後に飲むクラフトビール「After SAUNA Ale」が明日発売。
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
「代替肉」を取り巻くシーンやビジネスが盛り上がりをみせるなか、動物の細胞から人工培養で食肉を作るアメリカの企業「Mission Barns」が一般人を対象...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
3月19日、香港政府が人工島を建設すると発表しました。環境破壊をはじめとした理由で批判の声もたくさん上がっていますが、注目したいのはその理由です。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
科学でよりサステイナブルで健康的な食品を生み出す企業「Eat Just」が製造する、動物の細胞から作った鶏肉の販売が、先日、シンガポールにて承認された。
12月9日、学術誌『ネイチャー』に、地球上の人工物の総重量が生物の総重量を上回ったかもしれないという論文が掲載された。
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスクが世界の病院へ向けて人工呼吸器を送料も含めて無償で配布することをTwitterで発表した。対象は「テス...
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
七夕の短冊よりも、願いを叶えてくれるものの代名詞といえば流れ星。今年は、7月にもう一度お願いごとをするチャンスが残されているんですよ。7月28日にピークを...
「コオロギラーメン」や「コオロギ醤油」で知られる、昆虫食の魅力を世に発信する「ANTCICADA(アントシカダ)」から、「コオロギビール/Cricket ...
2月4日、デンマーク政府は世界初となる「人工エネルギー島」の建設に着手することを発表した。
みずがめ座δ流星群は、流れ星の数はそれほど多くはないものの、強い光でゆっくりと尾を引く比較的見やすい流星群。今年はかなりの好条件が揃っています。一番のピー...
弱冠18歳のインドの青年Rifath Shaarookさんが、世界最軽量の人工衛星を開発した。「KalamSat」と名付けられたこの衛星は、なんとわずか6...
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
東洋の真珠と謳われるマレーシア・ペナン島。東南アジア有数のリゾートアイランド南部に人工島造成の計画が。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
海上都市の研究機関Seasteading Instituteは、フランス領ポリネシアと協力し、太平洋に浮かぶ人工都市を作るプロジェクトを進めているそう。完...
「UHA味覚糖」が開発を進めていた宇宙日本食ミルクキャンディ「宇宙食 特濃ミルク8.2」。ついに「JAXA」の認証を受け、米国の宇宙企業「スペースX」が開...
地球上とは違い、簡単に除去することが難しいスペースデブリだが、ヨーロッパが共同で設立した欧州宇宙機関では、宇宙空間を清掃するというミッションを計画。スイス...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
この頃は、頬にあたる風も冷たくなり、一段と寒くなってきました。気温が下がり、大気の水蒸気の量が少なくなると、空気が澄んで、遠くの景色や、夜空の星が見えやす...
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
情報格差をなくすように活動しているスタートアップ「OneWeb」が人工衛星を打ち上げました。世界中の子どもたちがお互いにコミュニケーションを取れる日がくる...
冬の夜空っていいですよね。お正月に実家へ帰ったとき「あれ、こんなに星きれいだったっけ?」なんて思うことがよくあります。寒いからもう部屋に入ろうって思っても...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
Netflixでおすすめ! ドラマ感覚で観られる「Netflixオリジナル作品のドキュメンタリー」を紹介。『ワイルド・ワイルド・カントリー』『ミス・アメリ...
米国の研究によると、人工甘味料を使った食品でも太ることが判明したとのこと。「カロリーゼロ」はただの幻想だった!?
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
プロサーファーのケリー・スレーターが、カリフォルニアに世界最大級の人工サーフィン施設を建設すると発表。総工費は約200億ドル。ホテルやレストランなども備え...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
マサチューセッツ総合病院の研究チームが、移植に適した人工の手足の開発に向けた“最初のステップ”をクリアしたと発表した。これはロボットアームなどのインプラン...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
タイ原産の「クラチャイダム(黒ショウガ)」を原料に用いた「ブラックジンジャーエール」
「CANON ELECTRONICS INC.(キヤノン電子株式会社)」が開発した超小型地球観測衛星「CE-SAT-I」を使って、宇宙から撮影された高解像...
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!
9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
12月8日、米菓で初めて宇宙日本食認証を取得した「亀田の柿の種」が、ついに国際宇宙ステーションに到着。