2018年に打ち上げ予定!「人工流星群」が見逃せない。

2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。

こんな景色が見えるとか。

ALEによると、小型衛星に小さな玉を500から1,000個ほどつめこみ、そこから玉を放出します。打ち出す場所は成層圏のさらに上、上空80kmの中間圏あたり。様々な色に輝くという玉は、星の見えづらい東京からでもハッキリと観測できるとのこと。流れ星をつくりだしちゃうなんて、スケールが大きい!

成功すれば半径100kmにも及ぶ広大なエリアから世界初の人工流星群を閲覧できます。東京を中心とした世界一のメガシティに住む、3000万人もの人々が目にするとも。

オリンピックの最大観客数は、全期間中含めて1000万人そこそこだと見られています。一度に多くの人が閲覧できる催しという点では、「人工流星群」は史上最大のイベントと言えそう。仕組みは下の動画で確認してみてね。

Licensed material used with permission by ALE

関連する記事

世界初の人工流れ星プロジェクト「エールの挑戦」
久しぶりに、大きな流星群が訪れます。
。2018年初の流星群「しぶんぎ流星群」が、訪れる日だから。『流星電波観測国際プロジェクト』によると、見頃は4日に日付が変わってすぐ、0:00~夜明け!た...
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
しし座流星群は一気に出現率が下がり、1時間あたり数個~10個程度まで落ち込んでいた近年。もうすぐ出番の季節ですが、今年の予想は?「流星電波観測国際プロジェ...
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...