2018年の運試しは「しぶんぎ流星群」で!(1/3の深夜)

あけましておめでとうございます。

皆さん、三が日をいかがお過ごしでしょうか?怒涛の師走をのり越えて、思う存分のびのびできていますか?

時間を気にせず、夜更かしをしているひとも多いことでしょう。3日の夜も、ちょっと遅くまで起きていたら、新年早々良いことがあるかもしれません。2018年初の流星群「しぶんぎ流星群」が、訪れる日だから。

流星電波観測国際プロジェクト』によると、見頃は4日に日付が変わってすぐ、0:00~夜明け!

ただし、観測条件はかなり厳しめ……!?

1月4日は、
「見えないものを見ようとして」

今年初の流星群だから、一時間に数十個の流星、絶対に見逃さないでください!と元気に言い切りたかったのですが、相手は天文ですから、そうともいかず。

しぶんぎ座流星群は三大流星群のひとつで、いつもは多くの流星を見せてくれるのですが、今年の条件は「悪い」と、バッサリ言い切られてしまっています。

満月が過ぎてすぐ、というのもあって月明かりが強く、流星の輝きを眼で見るのを妨げてしまうそう。ただし、運が良ければピーク時のAM5:00には、1時間に20個程度の星が流れるかも。極大がAM5:00というのも、なかなか……(笑)。

つまり、基本は「見えないだろう」という予想です。だからこそ、見つけられたら新年早々縁起が良い!

4日から営業が再開する会社も多いので、なかなか空を見上げる時間を長くは取れないかもしれないけれど、新年の運試しとして窓の外を少し気にしてみてください。