【11月12日】おうし座北流星群は見逃せない!

この頃は、頬にあたる風も冷たくなり、一段と寒くなってきました。気温が下がり、大気の水蒸気の量が少なくなると、空気が澄んで、遠くの景色や、夜空の星が見えやすくなります。

11月12日(土)、おうし座付近から流星が飛び出します。おうし座流星群は、北群と南群で構成され、南群は5日に極大を迎えました。北郡は12日。ゆっくりした動きが多いので、当日は、ぜひ夜空を見上げてみましょう。

おうし座流星群のピーク

おうし座流星群の流れ星の数は少なく、1時間に数個ほどしか出現しないことで有名です。しかし、流星の動き自体はゆっくりしたものが多く、とくに、明るい流星である火球(かきゅう)が多く見られるため、晴れていれば、しっかり確認できます。

流れ星をしっかり見つけるためのコツ

流れ星を見つけるには、望遠鏡などではなく、空全体を広く見渡すことが大切です。リラックスした気持ちで、方角にこだわらず、まんべんなく空を眺めてみましょう。寝転んでみると、より多くの流星を見つけられるかもしれません。暗さになれるまでには少し時間がかかるので、最低でも15分以上は観測を続けると、より見やすくなりますよ。

関連する記事

10月中旬から11月末にかけてはおうし座流星群の観測チャンス。ゆっくりと流れる星が多く、比較的明るい流星(火球)が観測されることで知られています。2015...
2017年最後の流星群が、いよいよ近づいてきました。「この天体ショーは必見!」…と、声を大にして言いたいところではあるのだけれど、ラストを飾る<こぐま座流...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
しし座流星群は一気に出現率が下がり、1時間あたり数個~10個程度まで落ち込んでいた近年。もうすぐ出番の季節ですが、今年の予想は?「流星電波観測国際プロジェ...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
三大流星群のひとつである、ペルセウス座流星群。条件が良ければ、最大で40個以上見えることもあるそうです。一番の見頃は、8月12日の夜半頃から13日の明け方...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...