星 佑貴

星 佑貴

TABI LABO ライター

18歳のとき、旅に目覚めてバックパッカーへ。世界30ヶ国以上をまわり、その後文章の世界へ足を踏み入れる。人にまつわる「ストーリー」が好きなので、知らない人でもすぐ話しかける癖があります。ピンクが目印。
天気の優れない4月の朝、この1日をあなたにとってどんな日に彩るかは、あなたの意志に委ねられていて。大人って自由で、大変だ。人生最後の日だと思って生きるなん...
好きな人に伝えるときこそ、この言葉はきっと、ふさわしくないから。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
新品のように綺麗なものなど、ひとつもない。まぎれもなく、展示されているすべてに、誰かの痛みが滲んでいる。
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
若さは、なににも変えられない財産に違いない。そして、老いることを決めるのは、いつでも自分なのだと思う。
だってこんな季節に、光も感じられないなんて。
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
あとではダメ、いま、叫ばなければ。
久しぶりに、大きな流星群が訪れます。
今日も朝日を浴びている、あなたへ。
大人って大変で、辛くて、偉くて、立派な生き物だと思う。
疲れたときに、たまらないですこの愛くるしさ。
眠る前のあなたの5分、私にください。
20代前半。今を生きる私たちの“仕事”は、少し特殊なのかもしれない。
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
いつでも未来にワクワクしていたい。だけど忙しく働く日々の中では、どうしても自分の可能性を、信じられない時もあって。だからこんな名言が、みなさんの体のどこか...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
くすぶっている夢が胸のどこかにあるなら、それを自分で知っているなら、ずっと見ないふりなんて、できっこない。
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...