ランチ価格を見逃すな!「オーストラリアのセブン」はカロリー天国でした

海外旅行中に利用するなら、スーパーマーケットもいいけれど「セブンイレブン」が断然おもしろい!

ということで、海外のセブンで見つけたちょっとおかしな商品たちに、好き勝手ツッコミを入れ、ときに感動する企画です。たまに役立つ情報も。
今回のセブンは in オーストラリア🇦🇺

©2019 YUKI HOSHI

お得すぎるセールのせいで、意地でも定価で買いたくない。

オーストラリアで暮らすとして、やむを得ずランチタイム以外にサンドイッチやスシを買わなきゃいけない朝を想像してみてください。悔しさ1日中引きずりそうです。

だって半額ですよ?コーラ(600ml)が1本300円以上もする物価の高いオーストラリアで、50%オフ。閉店間際のスーパーで買うお惣菜よりお得感あります。いつもの値段で2つ買えるんだから、そりゃ多めに食べてしまうのも仕方なし。

この国で14時以降に小腹を満たしたいときは、セブンの選択肢を真っ先に消去すると決めました。

©2019 YUKI HOSHI

ポップコーンのバラエティがTDLレベル。

どれだけ日常的に必要なスナックなんですか?って、思わずにはいられない種類の豊富さ。毎日ホームシアターでも開催しているのかって思わされるほどです。「特別なエンタメ」がないとポップコーンを食べない日本文化との違いを感じますね。

腕に抱えやすいフォルムといい、フレーバーの多さといい、ホットスナック感覚で食べ歩きするのでしょうか。これだけ気軽にカロリー摂るからか……と、街ゆくオーストラリアンの身体の大きさに納得かも。

©2019 YUKI HOSHI

「ドリンクまでキャラメルポップコーンって!」と思いましたが、なかなか美味しいのがコチラ。でもヤクルトくらいのサイズでいいです。

オーストラリア発祥の乳製品ドリンクブランド「OAK(オーク)」。街中でもよく飲みながら歩いている人たちを見かけます。
600mlなので、日本で見る紙パックドリンクより少しだけ大きめですね。

©2019 YUKI HOSHI

定番人気はチョコレート味ですが、超甘党の人はぜひ「キャラメルポップコーン味」を試してみてください。

ただし、一食分に値するほどハイカロリーなのでお気をつけて!

これまで色々な国のセブンを紹介してきましたが、普段使いしていたら自動的に太りそうなセブン暫定1位です。

©2019 YUKI HOSHI

そして真打ち登場とばかりに海外のセブンで定番といったら、やっぱり「SLURPEE(スラーピー)」。ここオーストラリアでも、セブンコーヒーとスラーピーはやっぱり1AUドルで買えました。うれしい!

選んだフレーバーはラズベリーですが、飲んでみたらブルーハワイのような味(笑)。でも後味がスッキリしているので、この大きさでも夏ならちょうどいいかも。

ただし、大量のシロップを飲んでいるようなものなのでこちらもカロリー注意!何を選んでも油断できないのがオーストラリアのセブンです。

Top image: © 2019 TABI LABO
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
先日シドニーの空港を利用した際のこと「プライオリティ・パス」ってものをもっていたら、カフェや飲食店で無料の食べ歩きができてしまいました。4軒を“はしご”し...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。ジャンキーなスナックより...
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。小さなカステラ「フクサヤキ...
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?eチケットなどA4サイズの出力も折り畳んでしまえるキングジム「OLETTA...
米系大手クルーズ会社ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は、目的地に向かう以外の楽しみがこれでもかというほど詰まって...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?ロールヘッドを手首や耳の裏などにひと塗りするだけでリラックスタイムになる「...
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。香港のセブンは、過去行った海外のセブンで一番日本っぽいけど、個性を感じる。
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
セブンイレブンの店内やテレビCMでなんとなく耳にしたことのあるあのメロディ。皆さんはどれくらい「あの曲」のことを知っているだろうか。いつの曲で、誰が歌って...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...