120円でもサンドイッチがめちゃウマ! な「台湾のセブン」

海外旅行中に利用するなら、スーパーマーケットもいいけれど「セブンイレブン」が断然おもしろい!

日本との比較がしやすいし、流行や嗜好品が集合しているからじっくり見るほど発見があります。台湾のセブンイレブンで印象的だったのは、この5つ!

©YUKI HOSHI

セブンイレブンの飲み物コーナーに足を踏み入れたら、真っ先に目がいきました。いかにも女の子がパケ買いしそうなデザインと、スタイリッシュなボトル。

この「純萃。喝(ジュンスイホ)」シリーズは、セイロンミルクティー、ジャスミンミルクティー、ローズミルクティーなど、日本ではあまり見ない種類が揃ったミルクティー。予想通り女の子に大人気で、新作や期間限定のボトルが出ると、すぐ完売しちゃうこともあるそう。
パッと見、化粧水のボトルみたいですよね? だから別名、化粧品ミルクティー。

©YUKI HOSHI

台湾の乳酸菌飲料や発酵乳、いわゆるヤクルト系のドリンクが、日本の何倍も大きい! 思わず二度見。こんなに飲んで気持ち悪くならないの? と思いながら、並んでた中で一番の変わり種、緑茶味のヤクルト(しかもアロエ入り)をチョイス。
正直、緑茶風味は不正解にしか思えなかったのと、アロエまで入れたら「味がぐちゃぐちゃでしょ」って期待はしていませんでした。
……でも、これが美味しい。
甘いけれど、緑茶のおかげで後味がさっぱり。アロエは思った以上に小粒で邪魔をしないから、飲みやすいんですよね。独特のバランス。ぜひ試してみてほしいです。

©YUKI HOSHI

台湾名物のひとつ「茶葉蛋(チャーイェタン)」。セブンイレブン店内に入ったとき香る、クセのある匂いの正体がこの卵。
醤油や砂糖、塩、漢方などと一緒に、殻に割れ目を入れた卵を煮こんだもの。セブンイレブンの茶葉蛋は、アッサム紅茶で煮込んでいるのが特徴です。

屋台で見つけて気にはなっていたのだけど、漢方の匂いがキツくて無理! って思っていました。でもセブンの卵だと紅茶の香ばしさがカバーしてくれるから、比較的食べやすくておすすめです。

©YUKI HOSHI

私が日本に帰ってきて、一番焦がれているのがこのサンドイッチなんです。もう一度、かぶりつきたい! ヤクルトも衝撃的ではあったけれど、それを上回って記憶に染みついた美味しさ。

サンドされているのは、チーズ・ハム・たまご。マヨネーズが甘い味付けなのが台湾サンドイッチの特徴なんだそう。パンもしっとりしていて、素朴で優しい味わい。ぜひ一度お試しあれ!

©YUKI HOSHI

「台湾のセブンでは、スタバと同じクオリティの豆を使っている」という噂を聞いてレジに並んでいたら、目に入って来たのが「タピオカミルクティー」の文字。

ここで飲めるの⁉︎ と、思わずコーヒーそっちのけで頼んでしまいました。セブンのタピオカ、弾力があってかなり美味しい。その他のドリンクメニューも、カフェみたいに充実しています。

世界一と旅人たちも評価する

ちなみに、台湾のセブンではICカードのチャージもできるし、Wi-Fiも完備。タクシーを呼んだり、バスの予約をすることもできるんです。

ゲストハウスの旅人たちに「世界一優秀なセブン」と教えられたけれど、それもわかる気がするなぁ。

Top image: © 2018 TABI LABO
andmore
他の記事を見る
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。香港のセブンは、過去行った海外のセブンで一番日本っぽいけど、個性を感じる。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。オーストラリアのセブンは、つい日常使いしたくなるハイカロリーな食べ物や飲...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
セブンイレブンの店内やテレビCMでなんとなく耳にしたことのあるあのメロディ。皆さんはどれくらい「あの曲」のことを知っているだろうか。いつの曲で、誰が歌って...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!