「ザリガニおにぎり」を探せ!

海外旅行中に利用するなら、スーパーマーケットより「セブンイレブン」が断然おもしろい!

ということで、海外のセブンで感動したものを紹介したり、おかしな商品にツッコミを入れる企画です。リアルに調査しに行ったものしか書かないので、不定期連載なのはご愛嬌(笑)。

旅しにいく予定の国のセブンは、忘れずにチェックしてくださいね!
今回のセブンは in 香港🇭🇰

©YUKI HOSHI

え、こんなに牛乳必要ですか?

1、2段が低脂肪とノーマルの牛乳。脂肪分のパーセンテージが書かれているものもありますね。3段目が「ローファット・ハイカルシウム」の牛乳と、チョコレートミルク。4段目もチョコレートやバナナなどのフレーバーが並び、一番下が豆乳と、日本の北海道牛乳です。サイズは、日本の生クリームのパックと同じようなもの。

台湾のセブンと同様に、豆乳は日本のものより美味しいという感想なんですが、牛乳のほうはどうでしょうか?試しにKOWLOON DAIRYという香港ブランドのものを飲んでみました。

う〜ん……。かなりスッキリしているので、濃厚な牛乳が苦手な人にはオススメできるかもしれません。

どうして香港人はこんなに牛乳が好きなの?と店員さんに聞いてみたら、鬱陶しがられてしまいました。

©YUKI HOSHI

レンジで1分チンするだけの、お手軽小籠包。焼売サイズの小籠包が6つ入っています。そのほかにも点心シリーズが豊富で、海老餃子や包子などもありました。さすが香港。

お店で食べるみたいに肉汁がジュワ〜っと溢れるわけではなく、皮も厚めなのですが、これがもっちもちで予想以上の美味しさ!お肉の味付けもしっかりしているので、醤油などつけずにそのまま食べられます。

値段も約160円で安い。小腹が空いたときのおやつにちょうどいいので、日本のセブンに置いたらヒットしそうです。

©YUKI HOSHI

冒頭にも書いたように、香港のセブンは日本のものが結構売られていたのですが、店舗によって品揃えはバラバラ。

お店の大きさによって商品にかなり差があるので、調査のために8店舗くらいまわっていた時に気がついたんです。茎わかめと茎めかぶは、どこのセブンにもあるってこと。そして大体、茎めかぶの方が売れています。ちなみに両方「三陸産」。

牛乳の一件で店員さんに疎ましがられてしまったので、「どのくらい売れているの?なぜ人気なの?」と聞き出せなかったのがとても無念です。

香港での茎わかめ・茎めかぶ(三陸産)事情をご存知の方、こっそり教えてください。

©YUKI HOSHI

牛乳コーナーの付近に、いつも置いてあったインパクト大のボトルドリンク。茶と表記している割には明らかにミルクだし、「川貝」が何でどんな味なのか気になってしまいました。

調べてみたところ、「川貝」というのは咳や痰などに効き喉にいいと言われている植物のようです。台湾・香港で健康茶として親しまれていて、朝ごはんに揚げパンと合わすことが多いのだとか。

味は杏仁豆腐とあまり大差ないのですが、甘さは控えめ。このサイズ大きいな〜と思っていましたが、意外にもゴクゴクいけちゃいます。

今年SNSで話題になった、香港セブンにある「ザリガニおにぎり」!

よほど人気なのか、何店舗もまわったのに入手できませんでした。何よりもこのおにぎり楽しみにしていたのに、シーチキンと明太子と煮卵にぎりしか置いてありませんでした……。

エビのような味で食べやすい、というレビューが多くなかなか評判がいいみたいです。日本では稀ですが、屋台で食用のザリガニが売られている様子も見たので、香港人にはおにぎりの中にザリガニが入っていてもあまり抵抗ないのかもしれません。

空港内にあるセブンだと比較的入手しやすいとのことなので、ぜひこの変わり種おにぎりを探してみてください。

Top image: © 2018 TABI LABO
世界中の「セブンイレブン」が面白い!