チリ&チーズもかけ放題でやり放題!太っ腹な「カナダのセブン」

海外旅行中に利用するなら、スーパーマーケットもいいけれど「セブンイレブン」が断然おもしろい!

日本で使い慣れているからこそ、値段やサイズ、デザイン、サービスの比較がしやすいし、このセブンイレブンという「箱」の中には各地の流行や嗜好品が集合している。じっくり見るほど発見があります。

カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を持ってかれてしまいました。

©2018 TABI LABO

まず最初に紹介したいのが、このかけ放題コーナーです。一番左にナチョスがあって、真ん中にチリソース&チーズソース、右にはケチャップ、マスタード、サワークリームオニオン、ピクルスなど無料とは思えないほど豊富なトッピングが揃っています。

実際にトッピングしてみたのが、こちら。

©2018 TABI LABO

まずは定番のチリソースをかけて、大好きなサワークリームを遠慮なく中心に盛りました。味変用にピクルスも添えて。十二分に満足できるおやつの完成です。

なんとこのトッピングカウンター、ナチョスを買った人じゃなくても好きに使ってOK。ホットスナックやサラダ、ポテトチップスなどにソースをかけてテイクアウトする人も多いのだとか。

これが無料だなんて……。日本にも上陸して欲しいけれど、近くにあったら確実に太りそうですね。

©2018 TABI LABO

店員さんに「定番人気だよ」とオススメされたのが、このホットドッグ。ソーセージがくるくる回りながら温められていて、好きな種類をオーダーするとパンに挟んで渡してくれます。ケチャップなどのトッピングはもちろん、かけ放題コーナーで自由に!

かぶりつくと厚めの皮がバリッと弾け、ほどよく肉汁も広がります。日本よりサイズも大きめで、申し分なしのボリューム。日本より食費がかかるカナダで、これが3ドルで食べられるというのもポイント高です。

©2018 TABI LABO

カナダにあってアメリカにないポテトチップスが、この「Lay's ケチャップ味」です。ケチャップをディップするならわかりますが、フレーバー自体がケチャップってなかなかピンとこないですよね(笑)。アメリカ人にとってもその感覚であるがゆえに、進出しないのかもしれません。

けれどカナダでは変わり種として人気なわけではなく、もうこれが「ポテチの定番」と言っていいくらいに親しまれているそうです。カナディアンの友人によると、家で映画を見ながらポリポリ、受験勉強のお供にポリポリ、子どもの頃からかなり日常的に食べていたとのこと。

気になる味は、噛んだ時にふんわり本物のケチャップの味がして、ちょっと甘いテイストです。でも後から酸味がくるので、飽きずにバクバクいけちゃいますよ。カナディアンフードのひとつとも言えるこのポテチ、お土産にもオススメです。

©2018 TABI LABO

セルフ式のコーヒーマシンも充実していました。使われているのはアラビカ種で、ハンドピックされた質のいい豆だけを厳選しています。店員さんによると、フレッシュに保つために30分に1回中身を作り替えているのだとか!もったいない気もしますが、クオリティファーストなこだわりが伝わってきます。

セブンブレンドはライトでクセがなく、ちょっと薄味な気もしましたが、味付けの濃いカナダのお菓子やホットスナックと合わせるとちょうどいいんですよね、これが。

©2018 TABI LABO

カナダのセブンは、ガソリンスタンドと併設されていることが多いのも特長のひとつ。「7eleven Canada」の公式サイトを見ていたら、ガソリンを入れた人にはMサイズのコーヒーやフレーバーラテ、ホットチョコレートまで無料でもらえるサービスがあることがわかりました。

観光でガソリンスタンドに立ち寄ることはあまりないかもしれませんが、もしドライブする予定があったら、忘れずにこのサービスを利用してみてください。

無料のトッピングカウンターといい、カナダのセブン、日本よりもだいぶ太っ腹じゃないですか?

Top image: © 2018 TABI LABO

あなたが面白いと思った、
海外の「セブンイレブン」はありますか?

他の記事を見る
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。香港のセブンは、過去行った海外のセブンで一番日本っぽいけど、個性を感じる。
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
セブンイレブンの店内やテレビCMでなんとなく耳にしたことのあるあのメロディ。皆さんはどれくらい「あの曲」のことを知っているだろうか。いつの曲で、誰が歌って...
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
フライドポテトにチーズとグレイビーソースがかかったカナダ・ケベック州のソウルフード「プーティン」。都内でも気軽に足を運んで食べられる店はいくつかあります!...
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。