完全無人、24時間営業のコンビニがスウェーデンに誕生

スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有の悩みがありました。

店員ゼロ、自販機ゼロ
無人化コンビニが誕生

スウェーデン南部の町Vikenは、人口わずか4,200人ほどが暮らす海沿いの小さな町。ここに2016年1月、この国初となる無人のコンビニが誕生し、話題を集めています。

人工知能やロボット技術の向上の波に乗り、小売店やファストフード店の無人化構想は、世界各地で試験的に導入が始まりつつあります。では、この町の無人化コンビニが注目される理由はどこにあると思いますか?

たとえば、単に店内に自動販売機が並ぶといった陳列方法ではなく、通常の日用品店と同じように陳列棚が並び、利用客は商品を手にとって買い物をすることができるという点。そして、それを実現しているのが、入店から精算まで一括して「モバイルアプリ」で管理するシステムにあります。

IT起業家がオーナー
自身が開発した専用アプリで
入店から精算まで一括管理

このコンビニのオーナーであり、専用アプリを開発したのが地元Vikenに暮らすIT起業家のRoberto Ilijasonさん、39歳。無人のコンビニを利用するには、彼の開発したアプリをダウンロードしておくことと、個人情報を登録する必要があります。登録されたIDが入店のための鍵となり、支払いもスマホで商品のバーコードを読み取り、モバイル上で精算を済ませる。これで、店員が誰一人いなくたって買い物が完了する仕組み。ただし、無人とはいえ、商品を陳列するのはIlijasonさんの役目。もうひとつは、入店情報や在庫管理。この2点だけは、どうしても人の手が必要となります。

店内は防犯カメラ6台のみ
これで本当に大丈夫?

それにしても、気がかりなのは防犯対策ですよね。会計せずに商品を持って行かれたりは…。コンビニの売り場面積は約45平米、そこにわずか6台の監視カメラしかないんだそう。これで本当に十分なの?

この懸念点をIlijasonさんに直撃した「AP」。曰く、入店情報はシステムを介してダイレクトに彼のスマホに個人情報付きで届くそう。つまり、誰がいまお店に来ているかが一目瞭然。さらには、店の入り口となる扉が8秒以上開いたままでも、Ilijasonさんの元へとアラートが飛んでくる仕掛けも。事実、オープンから2ヶ月ほどで一度もトラブルはないんだそうですよ。

無人化の背景にある
周辺地域の過疎化

さて、 Ilijasonさんの無人コンビニの背景には、意外にも周辺地域の深刻な過疎化が原因にあるそうです。奇しくも、日本の地方都市や高齢者を抱えた山村地域で起きている「買い物難民」と同じような状況が、スウェーデンでも起きているとは。

 Ilijasonさんによると、小さな町からは商店が次々と姿を消し、ベビーフードを買うにも車で20分ほど走らないと手に入らないそう。「Digital Trend」に切実な想いを語ったオーナー。

「この無人コンビニがモデルケースとなり、全国にこのシステムを導入するのが今の目標。深刻な過疎化を迎えるまで、誰も考えてこなかったことが信じられません」

現在、日本でもドローンを利用した日用品の宅配サービスや、移動式スーパーなど、あの手この手で買い物弱者対策支援が考えられています。もしかしたら、この無人化コンビニもひとつのヒントとなり得るかもしれませんね。

Reference:AP, Digital Trend
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
25分間がんばったら5分間リラックス。ポモドーロ・テクニックと呼ばれる集中力維持メソッドを応用したスマホアプリ「Octomonk」が、子どもの学習用に使わ...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
日本にやってきた交換留学生たちが、“コンビニ愛”を自作の歌とともにPVにしました。タイトルはずばり『Konbini Ikou!(コンビニ 行こう!)』。「...
創業以来のロングセラー、生きた乳酸菌の入った「フローズンヨーグルト」。安定剤不使用120kcal。
日本でも、冬限定で北海道にオープンする「氷のバー」。でも、世界には一年中オープンしているところもあるんです。2002年にオープンしたこのバー。店内は年中−...
3月、デンマークの首都コペンハーゲンから鉄道に乗って、南スウェーデンを訪れました。スウェーデン人のご主人と結婚した友人・エンニがルンドという街に暮らしてい...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
小銭もカードも電子マネーもいらない、まったく新しい無人店舗「Bodega」。なんでも勝手に商品を持っていくと、あとから自動的に請求がくるというのですが…。...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
「Robomart, Inc.」が新たに始めるサービスでは、あなたの指定したところに食材などをのせた車を呼んで、買い物ができるようです。これにより、今まで...
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
スウェーデンのスーパーマーケットチェーン「ICA(イーカ)」が、野菜や果物に貼られているブランドや商品コードの目印を、一部レーザー刻印に切り替えました。こ...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...