圧倒的に人をダメにしてしまう「未来のコンビニ」

UberEATSが発表されたとき、僕はちょっと否定的なスタンスでした。「自分の足で行けばイイじゃん」って。だけど、試しにやってみると、無駄な時間がなくなって、予想以上に便利で、気づいたらオーダーの回数も増えていて。今では、ヘビーユーザーの仲間入りです。

………と、このような経験があるから、今から紹介するサービスには、お世話になるんだろうなと思ってしまうのです。

「コンビニ行ってくる」が
「コンビニ、呼ぶね」になる

Robomart, Inc.」が新たに始めるサービスでは、あなたの指定したところに、食材などをのせた車を呼んで、買い物をすることができるそう。要領は、タクシー配車サービスとほとんど同じ。異なるのは、そこにドライバーや店員の姿はなく、自動運転でやって来てくれるということ

自分のもとに車が到着したら、ドアを開けて、必要なものをピックアップするだけでOK。あとは、勝手に精算をしてくれるみたい。

例えば、野菜や果物なら、よりカンタンに産地直送品を手にすることができるかもしれません。レストランやカフェが協力すれば、自分では作ることのできない料理やドリンクを、多くの人に届けてくれるかも。少し現実的にいえば、コンビニがあなたの家の前にも来てくれるといったところでしょうか。

これこそ、たくさんの人が「自分で行けよ」とか、「人としてダメになりそう」とか、考えることが予想できます。でも、UberEATSの盛り上がりをみると、一度使ったらハマってしまう可能性も捨て切れませんよね。まあ、高齢化社会の日本では、すでに多くの需要がありそうですが。

Licensed material used with permission by Robomart, Inc.
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
日本にやってきた交換留学生たちが、“コンビニ愛”を自作の歌とともにPVにしました。タイトルはずばり『Konbini Ikou!(コンビニ 行こう!)』。「...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
「ZitA」には、モーションセンサーが搭載されている。ゴミを捨てようと手を近づければ、勝手にフタが開き、その3秒後に閉まるデザイン。自動で開閉するのが最大...
茨城県の境町にて、自動運転バスの運行が開始される。同バスは市内の公共施設を廻るインフラ的な役割を果たすとともに、全国へのサービス拡大のモデルケースとしても...
日進月歩で技術が進歩している自動運転。デザインコンサルティングファームの「IDEO」は、自動運転車が普及することによって都市に暮らす人々の生活がどのように...
「ながら運転」をさせないアプリ「eGURAD」が配信開始。歩行中や運転中の状態を検知してスマホ操作を抑止する。
2018年、LAでブレイクした「ジャパニーズ・エッグサラダ・サンドイッチ」がニューヨークへと飛び火。全米中でタマゴサンドがブームに。