コンビニが大好きすぎる留学生が歌を作った結果・・・(動画あり)

日本にやってきた交換留学生たちが、“コンビニ愛”を自作の歌とともにPVにしました。タイトルはずばり『Konbini Ikou!(コンビニ 行こう!)』。

「将来コンビニで働きたぁ〜い♪」「毎日、会釈ができる♪」「コンビニと結婚したい〜♪」など、めちゃくちゃ(笑)。でも、約束します。3回聴いたら、もう、頭から離れなくなるはず!

外国人留学生の
“コンビニ愛”が熱すぎる

0f018c4aadc53fbfbfb3171f43924e6fb87a7d30

終始、意味不明な解釈と、おバカなテンションで日本のコンビニを称えていくのですが、歌詞の中に込められた、外国人留学生たちの“コンビニ愛”が、とにかく熱かった!

事の経緯は後ほど紹介するとして、まずは彼らの情熱を聞いてやってください。
「あれ?意外に聴けるメロディーかも」なんて思ったが最後、不思議な没入感にどっぷりハマるはず。

コンビ〜ニ〜の店員が大好きです
理由はキレイだと思うから
コンビニに行きたい、とても楽しい
コンビニと結婚したい
しゃけおにぎりを食べましょう
コンビニに行こう〜
コンビニに行こう〜♪

きっかけは、
大学の課題制作だった

さて、このPVを制作したのは、東京都小金井市の学生寮に暮らす、外国人留学生グループ。日本のサブカルを海外に紹介する「Japan Subculture Research Center」は、編集を手がけたNoah Oskowさんのインタビューを掲載していました。気になりますよね?そもそも、何でこのPVが作られたのか。

なんでも、同寮のオーストラリア人留学生(作詞作曲、歌を担当)が通う大学の授業で、経営管理に関するビデオ制作課題がでたそう。Oskowさんは彼とともに、コンビニ業界のシステムに目をつけ、コンビニを題材にした曲を作ることに。

当初、2人でコンビニを歩きまわって撮影を続けたそうです。しかしそれも限界。やがて、コンビニをよく利用している寮の留学生仲間に協力を要請し、いつしかプロジェクトは、二人が予想していた以上に大規模化。ならばと、ミュージカル調に表現をシフトし、コンビニへの愛を詰め込んだのだとか。

ところが、残念ながら曲自体は、未完のまま提出期限となったよう。しかし、彼らはどうしても諦めがつかなかったようです。

コンビニがなかったら、
どうやって暮らせるだろう?

4951d3257332f64ae5673a73cab9230f1857d3c2

課題提出に向けての制作から、およそ一年。同じ寮に暮らし、コンビニを利用してきた16カ国の学生たちの“コンビニ愛”が結実しました。

Oskowさんは、こうも言います。

「ボクらにとって、コンビニでの経験とは非常に重要なもの。外国人留学生は、コンビニを崇拝しているんです。だから、なんとしてもビデオを最後まで完成させたくて、コンビニ大好きな寮の仲間に声を掛けたんです。これはボクらが暮らしてきた寮へ。そして、愛して止まないコンビニへのトリビュートソングなんです!」

もう、ここまで言われたら、所々、日本語の間違いが歌詞にあることも、PVで多少ハッスルしすぎる彼らのことも許せちゃうレベルかも?



Licensed material used with permission by Noah Oskow
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
自らをフェミニストソングライターと呼ぶRachel Larkさん。トランプ大統領にも聞いて欲しいと言うフェミニズムの歌をYouTubeで公開した。どストレ...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
「Robomart, Inc.」が新たに始めるサービスでは、あなたの指定したところに食材などをのせた車を呼んで、買い物ができるようです。これにより、今まで...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
ナキア・ロビンソンには、お気に入りの店員さんがいました。ミシガン州のスーパーマーケットで働くルーカス・ホリデーは、なんと歌をプレゼントしてくれるんです。レ...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
大好きな人と付き合い始めたら、ついつい盲目になってしまって彼氏のことしか見えなくなってしまいますよね。彼氏のことを大好きで幸せすぎるがあまり、とんでもない...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...