コンビニが大好きすぎる留学生が歌を作った結果・・・(動画あり)

日本にやってきた交換留学生たちが、“コンビニ愛”を自作の歌とともにPVにしました。タイトルはずばり『Konbini Ikou!(コンビニ 行こう!)』。

「将来コンビニで働きたぁ〜い♪」「毎日、会釈ができる♪」「コンビニと結婚したい〜♪」など、めちゃくちゃ(笑)。でも、約束します。3回聴いたら、もう、頭から離れなくなるはず!

外国人留学生の
“コンビニ愛”が熱すぎる

終始、意味不明な解釈と、おバカなテンションで日本のコンビニを称えていくのですが、歌詞の中に込められた、外国人留学生たちの“コンビニ愛”が、とにかく熱かった!

事の経緯は後ほど紹介するとして、まずは彼らの情熱を聞いてやってください。
「あれ?意外に聴けるメロディーかも」なんて思ったが最後、不思議な没入感にどっぷりハマるはず。

コンビ〜ニ〜の店員が大好きです
理由はキレイだと思うから
コンビニに行きたい、とても楽しい
コンビニと結婚したい
しゃけおにぎりを食べましょう
コンビニに行こう〜
コンビニに行こう〜♪

きっかけは、
大学の課題制作だった

さて、このPVを制作したのは、東京都小金井市の学生寮に暮らす、外国人留学生グループ。日本のサブカルを海外に紹介する「Japan Subculture Research Center」は、編集を手がけたNoah Oskowさんのインタビューを掲載していました。気になりますよね?そもそも、何でこのPVが作られたのか。

なんでも、同寮のオーストラリア人留学生(作詞作曲、歌を担当)が通う大学の授業で、経営管理に関するビデオ制作課題がでたそう。Oskowさんは彼とともに、コンビニ業界のシステムに目をつけ、コンビニを題材にした曲を作ることに。

当初、2人でコンビニを歩きまわって撮影を続けたそうです。しかしそれも限界。やがて、コンビニをよく利用している寮の留学生仲間に協力を要請し、いつしかプロジェクトは、二人が予想していた以上に大規模化。ならばと、ミュージカル調に表現をシフトし、コンビニへの愛を詰め込んだのだとか。

ところが、残念ながら曲自体は、未完のまま提出期限となったよう。しかし、彼らはどうしても諦めがつかなかったようです。

コンビニがなかったら、
どうやって暮らせるだろう?

課題提出に向けての制作から、およそ一年。同じ寮に暮らし、コンビニを利用してきた16カ国の学生たちの“コンビニ愛”が結実しました。

Oskowさんは、こうも言います。

「ボクらにとって、コンビニでの経験とは非常に重要なもの。外国人留学生は、コンビニを崇拝しているんです。だから、なんとしてもビデオを最後まで完成させたくて、コンビニ大好きな寮の仲間に声を掛けたんです。これはボクらが暮らしてきた寮へ。そして、愛して止まないコンビニへのトリビュートソングなんです!」

もう、ここまで言われたら、所々、日本語の間違いが歌詞にあることも、PVで多少ハッスルしすぎる彼らのことも許せちゃうレベルかも?



Licensed material used with permission by Noah Oskow
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
自らをフェミニストソングライターと呼ぶRachel Larkさん。トランプ大統領にも聞いて欲しいと言うフェミニズムの歌をYouTubeで公開した。どストレ...
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
創業以来のロングセラー、生きた乳酸菌の入った「フローズンヨーグルト」。安定剤不使用120kcal。
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
「Robomart, Inc.」が新たに始めるサービスでは、あなたの指定したところに食材などをのせた車を呼んで、買い物ができるようです。これにより、今まで...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...