「主役は私たち全員だ」2020年東京オリンピックのポスターが熱い!

5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!
電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上トラックやテニスコート、プール…選手たちの活躍の場をモチーフに、熱いコピーが添えられています。

胸を熱くするキャッチコピー
東京五輪まで、あと5年!

これらのポスターは、あと、5年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京海上日動火災保険株式会社が制作したもの。アスリート、人、社会の「すべての挑戦を応援したい」という思いを込めて、全国8つのエリアで2015年9月28日〜10月31日の期間掲示されました。

どれも、私たち一人ひとりにも訴えかけてくる、強いメッセージが込められています。世界があっと驚く大会、やっぱり期待せずにはいられない!

01.
5年後、
さすがJAPAN!
って言われたいよね

02.
選手でなくても、
スポーツが苦手でも、
参加できるオリンピックが
やって来る。

03.
パラリンピックが
盛り上がる国は、
挑戦心にあふれる国だ。

04.
選手と同じくらい真剣に、
私たちは2020年を
見つめているだろうか。

05.
外国人に道を
聞かれたらどうしよう、
と考えている小学生は、
エライね。

06.
オリンピックは
日本のチャンスだ。

07.
目標のある国は、
人は、
強い。

08.
オリンピックが
何をしてくれるか、ではなく、
オリンピックに何ができるか、
だと思う。

09.
パラリンピックを
盛り上げるために、
今からパラスポーツを
応援しよう。

10.
会場が東京なだけ。
主役は私たち全員だ。

2020年夏の開催まで、あと1680日ちょっと。オリンピック出場を目指そう!なんて言うつもりはありませんが、「オリンピックまでに…」と自分への挑戦を思い描いていたり、すでに実行している人も多いはずです。さて、来るべきその日まで、あなたらなどう過ごしますか?

▼東京海上日動WEBサイト・スペシャルサイト「挑戦」はこちらから。

Licensed material used with permission by 東京海上日動火災保険株式会社
2020年の1月7⽇〜2月16日、「東京都現代美術館」にて「東京2020公式アートポスター展」が開催される。オリンピックおよびパラリンピックの公式アートポ...
「クラブツーリズム」が11月5日から受付を開始したのは、日本船籍の客船「にっぽん丸」を貸し切り、来年7月31日に名古屋港を出発してクルーズを2泊楽しみなが...
多くの人は2020年東京オリンピックを楽しみにしていると思います。開会式が楽しみ、観戦したい競技がある、経済的効果への期待などなど。僕も日常でよくそういう...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...