さよなら「JR原宿駅」。また会う日まで。

世界にさまざまな「カワイイ文化」を発信する東京・原宿。そんな原宿のランドマークとして親しまれた「JR原宿駅」が、2020年の東京オリンピック・パラリンピック後に解体されることが決定した。

大正時代に建てられ、現在、都内で営業している木造の駅舎のなかでもっとも長い歴史をもつ建造物だが、解体後は、現代の耐火基準に即した材料を使用し、レトロな西洋風のデザインを活かしながら再建されるとのこと。

ちなみに、来年3月21日には、現在の駅と隣接する場所に新たな駅舎が誕生することになっている。

戦中、10発もの焼夷弾を受けながら、それらすべてが不発だったことで、奇跡的に損壊を免れた奇跡の駅・原宿。

見慣れた原宿の風景が変わってしまうことに寂しさを覚える人も少なくないに違いないが、今後、さらに魅力的な若者文化がこの地から生まれることに期待したい。

Top image: © iStock.com/PixHound
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事