「不思議な名前」のフードラボ、JR新大久保駅ビルに3月誕生

2021年3月28日、東京の「JR新大久保駅ビル」3階・4階に、「シェアダイニング」、「コワーキングスペース」、「ファクトリーキッチン」を備えたフードラボが誕生する。

まず何よりも注目すべきは、その名称だ。その名はずばり、「Kimchi, Durian, Cardamom,,,」(キムチ,ドリアン,カルダモン,,,)

なんとも個性的な施設名だが、その元になっているのが以下の文章だ。

©東日本旅客鉄道株式会社

端末の関係で何が書いてあるか見えない方のために説明すると、これは、各国の食文化の要衝地・新大久保に集まる「古今東西無数の食材(文化)」が、個々の個性をそのままに鎮座し混在するカオスを表現する99の単語の羅列だ。

「Kimuchi,Durian,Cardamom,Beans,Chickin,Okura,Sesame...」と続いていき、各アルファベットはところどころ歪んでいるが、これは今にも動き出しそうな躍動感を表現している。

先に紹介した施設名称の「Kimchi, Durian, Cardamom,,,」(キムチ,ドリアン,カルダモン,,,)は、この中から切り取られた単語3つで形成されているのだ。

由来を聞いてもやはり不思議なネーミングのフードラボだが、これは、JR東日本が山手線を起点に、まちの個性を引き出し、まちや人が有機的につながる心豊かな都市生活空間「東京感動線」を創り上げていく取り組みの一環として生まれるもの。

「国際的」なイメージが沿線第一位であり、豊かな「食」のイメージも高い新大久保駅で、「食」に関わるさまざまな人が集い楽しむ交流拠点として、「新しい食文化」と「食を通じた新たなライフスタイル」を提案していくという。

シェアキッチンでは、毎週定期的に食材の生産者やシェフとの食事会食への知見を深める講座など、食材や料理の背後にあるストーリーを感じるイベントなども実施予定とのこと。ネーミング以上に新しいものに出会える予感のする場所だ。

©東日本旅客鉄道株式会社
©東日本旅客鉄道株式会社
©東日本旅客鉄道株式会社

「Kimchi, Durian, Cardamom,,,」(キムチ,ドリアン,カルダモン,,,)

【公式サイト】
https://www.jreast.co.jp/tokyomovinground/exhibition/kdc/

Top image: © 東日本旅客鉄道株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事