「スノーピーク」のエコバッグが「JR東日本」の駅ビルなどで無料配布!

「JR東日本グループ」が運営するコンビニエンスストア「NewDays」「駅弁屋祭」といったプラスチックレジ袋を提供する21社の一部店舗にて、6月16日よりエコバッグ50万個を無料配布する。

このキャンペーンは、プラスチックごみの削減のほか、今年7月1日から義務化されるプラスチックレジ袋の有料化を前にしたレジ袋削減への理解促進を目的に、「東日本旅客鉄道株式会社」「株式会社スノーピーク」「日本環境設計株式会社」の3社の連携企画として実施されるもの。

3社共同による企画・制作で実現したエコバッグは、服の回収からリサイクル、再生素材を使った洋服の販売までをおこなう「日本環境設計」のブランド「BRING」とスノーピークのダブルネームとなっており、ペットボトルを原料にしたリサイクル素材で作られているほか、デザインはスノーピークが監修したキャンペーン限定のものである点も見逃せない。

配布期間や条件は店舗によって異なり、店舗ごとに設定された一定金額以上を購入した人への配布となる。

MYエコバッグをまだゲットしていない人は、ぜひ。

Top image: © 2020 日本環境設計株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、14種類紹介!
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
「GLOBAL WORK」が、毎年大量に破棄されてしまっている残反(洋服を作る際に必ず出る余った生地)をリサイクルしたエコバッグの販売を開始。
シリーズ累計販売数4万枚を記録した「0.」の最新エコバッグ「Foldyroll bag」が日本上陸。応援購入サービス「Makuake」にて先行販売中だ。
「fridge」のマルシェバッグは計6色。色選びが楽しい!
「raregem(レアジェム)」のバッグの中でも特に人気を博しているグローサリーバッグ「イェッシリー」。
トラックのタープ(幌)で作られたFREITAGの「F52 MIAMI VICE」。よくある紙の買い物袋に着想を得た、定番モデルのショッピングバッグです。
タイプ別のオススメ「吸水型ショーツ」をご紹介。素材、機能、デザイン……あなたは何で選ぶ?
お酒は一切なし。日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が、本日7月16日、六本木にオープン。
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。
100%ペットボトル再生素材から作られた「KIND BAG」に、ちょっとした買い物に役立つminiサイズが仲間入り。
東京駅にて、まだ食べられる食品を駅の従業員向けに販売する「レスキューデリ」の実証実験が開始された。この取り組みで、新たなエコシステムの構築を目指すという。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
TEMBEAの定番商品、バゲットを入れるためのトートバッグ「バゲットトート」がかわいい。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。