シンプルでパワフル、そしてダサかっこいい「ショッピングバッグ」

#10
FREITAGのF52 MIAMI VICE

FREITAGのF52 MIAMI VICE
©2020 NEW STANDARD

サステイナブルでエコフレンドリーの先駆者、FREITAGを忘れちゃいけない。役目を終えた自転車のインナーチューブや自動車のシートベルトなどをリサイクルしてバッグへと昇華させるスイスのブランド。

こちらは、トラックのタープ(幌)で作られた「F52 MIAMI VICE」。よくある紙の買い物袋に着想を得た、定番モデルのショッピングバッグです。

FREITAGのF52 MIAMI VICE
©2020 NEW STANDARD

インナーポケットがあるわけでもなければ、パッカブルなわけでもない。利便性だけを見ると、分が悪いかもしれない。

でも、トラックのタープというマテリアルならではのどっしりとした安定感は唯一無二。タフで水に強く、ちょっとした雨なら中のものを守ってくれる。奥行きもしっかりあって、容量は申し分ない。

FREITAGのF52 MIAMI VICE
©2020 NEW STANDARD

あらゆる機能を削ぎ落としたラギッドな佇まいは、ダサかっこいいの極み。

すべてが一点もので、店舗や時期によってラインナップが変わる。偶然の出会いを楽しめるのは、FREITAGだからこその体験でしょう。

価格は1万3640円(税込)。現在、都内の実店舗は休業中ですが、オンラインショップでも購入できます。

Top image: © 2020 NEW STANDARD

\\オシャレなエコバッグが欲しい!おすすめ17選をチェック//

関連する記事

7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。